« 川越車両センターまつり | トップページ | Happy Halloween!! »

2014年10月30日 (木)

E231系「元ヤテ」登場!

…と言うか時代が時代だけに「元トウ」の方がいいのか…まあいいや。

さて、前回帯色を変えたと報じたE231系500番台「トウ520」編成がこのほど出場し、一昨日(10月28日)に三鷹車両センター入りしました。
異動したばかりだし動くことはないだろなと思い、一路三鷹車両センターへ行ってみると…
Img_8174
△倉の中に、1本だけ違う顔の車両が…
そう、それが今回取り上げるE231系「ミツA520」である。

とりあえず居ることは確認できたので、一旦この倉の後側へ…

Img_8221
△後側に回って、改めてトウ520改め「ミツA520」(※敷地外から撮影)。
横の209系と比較してもわかるように、顔つきが大きく異なるのがわかる。

Img_8246
△かつての山手線から帯色を変え、今後は中央総武緩行での活躍が期待される。
編成札も新規に起こしたようだ。

主な改造内容としては、山手線から中央総武緩行に転ずるため、保安装置をATCからATS-Pに置き換え、またそれ以外にもホーム検知装置の設置、TASCやATC機器の撤去などが行われています。
Twitter見たままですが、ドア上のLCDは存在しており、移転後も活用されることが見込まれます。
(まさかここまで来て、実はLEDに変えますなんてヲチないですよ…ね?)
一方で、抜き取られたサハE231-4620は、現在新形式「E235系」量産先行の10号車にならんべく、J-TREC新津に返品送り込まれて改造中だと思われます。

-*-*-*-*-*-
来年・再来年以降、この顔のE231系が続々中央総武緩行にやってきて、既存のE231系の一部や209系が置き換わることは間違いないでしょう。

【おまけ】
帰りは例によって中原区詣で。

Img_8358_001
△先週末に国府津を経て越後石山(J-TREC新津)からやってきたE233系N7(右)。
営業開始も近いのか、広告の準備も整った状態で留置中。

Img_8339
△顔つきは違うが、どっちも205系です。

Img_8370_002  Img_8381
△中原区16番ではナハ17が留置中。
よっぽどなことが無い限り見られない「快速|稲城長沼」表示である。


以降、移動した先で。
Img_8454
△夕陽を浴びながら快走するナハ32(武蔵新城→武蔵中原)。
Mueを除く、唯一の0番台であるこのナハ32。今後の進退が気になるところ。

Img_8541
△本数が本数だけに、こうしてすれ違う様を見ることが出来るのも希なことである(矢向)。
かつてはナハ1とナハ32だけという時代もあり、そのときは本当にレアケースと言えばレアケースだった。

Img_8591
△一方で、E233系同士の並び(矢向)。
1番線空気嫁と云う話は置いといて…
この並びは今後多く見られるであろう。

« 川越車両センターまつり | トップページ | Happy Halloween!! »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/57832877

この記事へのトラックバック一覧です: E231系「元ヤテ」登場!:

« 川越車両センターまつり | トップページ | Happy Halloween!! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー