« 「Amazon」なE233系 | トップページ | 「リバイバル富士」 »

2014年12月18日 (木)

常磐快速E231系「元ミツ」完成間近?

来年の上野東京ライン関連と思われますが、現在東京総合車セでは、E231系ミツ車を常磐快速用に編成組み替え等の諸工事が行われています。

(現在、その関連でB20とB22が入場中。)

その一部が早くも完成しており、湘新車内からでもその姿が見られました。

Img_9640_001
△前回のトウ520→ミツA520への編入時もそうだったが、まずは中間車だけ完成した常磐快速向けのE231系(東京総合車セ※湘新車内から)。
元はB20の中間3両である。

Img_9642
△左がモハE230-40、中央はモハE231-40、右がサハE231-60である。
現在のところ2~4号車のみが完成。残りの完成を待っているところだ。

識別点としては、車外スピーカ準備部が見られない点。
これが一番大きいポイントだと思われます。

改造メニューは不明ですが、元がATS-P線区を走ってた編成だけに、小改造(電気連結器の搭載と、それに対応したスカートの交換、ATS-SN設置など)と帯色変更だけで済みそうな気もします。ドア上のLED案内装置は変更無く1段のみになりそうですが…どうなりますやら。

一方、その奥(新系列車両検修西棟付近)では…

Img_9632  Img_9636
△再組成されたミツB22(のうち7両)。元の編成からサハ3両だけ抜かれた。
(それを物語るのか、モハ同士の連結面(写真右)の屋根の汚れ具合が不自然なのがわかる。)
この後サハ3両足されて10両編成になるのか、それともモハ1ユニット抜いて付属5両になるのか、この段階では未だわからない。

Img_9639
△B22(再組成済み)の後には、サハE230が1両ぽっつん。
常磐快速では不要となる6扉車サハE230。このまま廃車となるのか、扱いが気になるところ。

ちなみに、上野東京ライン開業後は常磐快速のE231系も、品川まで乗り入れるそうです。
(朝夕のみ。日中はE531系が入線の予定。)

【おまけ】いくつか。
Img_9650  Img_9656
△御茶ノ水駅110周年記念と云うことで登場したラッピング自販機。
「御茶ノ水」だけに、売られている商品は「お茶(朝の茶事)」と「水(From Aqua)」だけという。
側面(写真右)には中央線を走ってきた歴代の車両達がイラストで描かれている。

Img_9802_001  Img_9817
△ミツA520(西荻窪)。
詳細は記事にもしたので割愛するが、ようやっと中央総武緩行に馴染んできた頃か?

Img_9840
△211系ナノN602(立川)。元はチタN2で、東海道線で活躍してた編成である。
かつて115系が担っていた松本までのロングラン運用に就く。

« 「Amazon」なE233系 | トップページ | 「リバイバル富士」 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/58299941

この記事へのトラックバック一覧です: 常磐快速E231系「元ミツ」完成間近?:

« 「Amazon」なE233系 | トップページ | 「リバイバル富士」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー