« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

プレイバック2014

1年経つのは本当にあっという間です。

今年一年を「私なりに」まとめてみました。

【1月】
Img_1508  Img_7452
△同じ「緑の電車」が2本登場となった今年1月。
方や横浜線の205系置き換え(E233系)、方や新技術満載の「蓄電池電車」(EV-E301系)である。

【2月】
Img_4230
△まさかの2週連続雪が続いた首都圏。
雪道を往くハマ線の205系はこの年が最後になってしまった(長津田→十日市場)。

Img_4667
Img_5195  Img_5058
△昨年の埼京線に続き横浜線に投入されたE233系。
投入から営業開始まで約1月半。非常に早いスパンでの営業開始となった。

Img_2780
△埼京線205系に「ありがとう」HMが掲出されたのもこの月(恵比寿→大崎)。
実は引退せず、現在もハエ28が1本だけ残っている(E233系へのATACS設置工事完了まで残留だそうな)。

【3月】

Img_2203
△ダイヤ改正の度に1本減って行っている気がする夜行列車。
今年の改正では「あけぼの」が定期運用廃止となった。

Img_1785
△田端操~北王子間の「北王子線」が営業終了したのも改正前日の話(王子)。
北王子線はその後7月に正式に廃止になった。

Img_5291  Img_5332
△「AIMS」「DDM」「連接車体」をかねそろえたE331系。
車両不具合などあり休車したりメーカー返品を受けたり、復活したかと思ったら再び休車状態が繰り返しあったが、結果3月25日に長野に送られた(八王子)。

Img_9802
△このほか、「SL銀河鉄道」が上京したのも3月の話(鶯谷)。

鉄道以外では…
Img_7089
△日本最後の旅客形ジャンボ(B747-400D)が最後の旅客運用に就いたのも3月の話。
よく4月にはテューペロへフェリー、スクラップとなった。

【4月】
Img_3707
△元東横線1000系改め、1000系1500番台が登場したのがこの月。
1500番台登場により、7600系1本、7700系2本が廃車となり、日本初オールステンレスカーである7910F(元7001他)も1500番台の登場により廃車となった。

Img_9673
△野田線の新名称「東武アーバンパークライン」が制定されたのも4月の話。
認知度は…イカガナモノカ…。

【5月】
Img_3044
△京急の「黄色奴」、KEIKYU YELLOW HAPPY TRAINが登場したのがこの月。
まるで西武カラーの黄色奴。その後西武とコラボすることになるとは、この時点でまだ知るよしもなかった(平和島)。

Img_6256
△一方で、川崎大師の「大開帳奉修」にあわせ、1500形1501編成がほぼ真っ赤になり、「赤札号」として運転された(京急ファインテック)。

【6月】
Img_3803
△東急田園都市線の「準急」が日中でも運転開始となった(つくし野→長津田)。
また、日中帯に半蔵門線に乗り入れない「渋谷折返し」もこの月に登場。

【7月】
Img_8652
△京急の黄色奴と相対するかのように、西武でも京急カラーに染まった「赤色奴」ことRED LUCKY TRAINが登場(所沢→秋津)。

Img_8893
△京急と西武がそれぞれコラボを開始。
幸せを運ぶ京急と、幸運を運ぶ西武、と言ったところ。

【8月】
Img_8009  Img_5848
△209系以来、実に21年ぶりにやって来た南武線の新星E233系。
「明るく伸びゆく路線」のロゴマークも新たに起こされた。

Img_9096
△E233系の投入が終わり、8月23日に完全撤退となった横浜線の205系。
ラストを飾るH1編成にHMが掲出された。

【9月】
Img_9994_001
△「上野東京ライン」開業に向けたE531系増備車が登場。
その数ヶ月後にはE233系も増備され、着々と上野東京ライン開業の準備が進む。

Img_3474
△山手線の新形式「E235系」の10号車にサハE231-4600番台が使用されることとなり、トウ520の10号車がJ-TREC新津に送られた。余った10両はその後東京総合車セにて中央総武緩行向けに改装された。

【10月】
Img_6518
△営業開始となった南武線E233系(久地→宿河原)。
現在10編成そろい、来年も引き続き増備される。

Img_5498
この月に開催された「川越車両センターまつり」では、JR東日本の205系5本並ぶ様が見られた。

Img_8221
△トウ520改め「ミツA520」が登場。
三鷹車セに配属され、営業開始まで各種研修や試運転が行われた。

【11月】

Img_3853
△2代目「クラシックスタイル」となった東急7600系7601F(蓮沼→池上)。
登場要因は不明だが、7600系引退フラグと言っても良いのか否か…

【12月】
Img_0907
△東京駅が開業から100周年を迎えたのが12月20日。
それを記念したラッピング車両が10月から営業中。12月はADトレインとして、東京駅100周年の歴史が車内に掲出されている。

Img_0472  Img_0495
△東京駅開業100周年を迎える前日、12月19日には「リバイバル富士」が運転された(品川→川崎)。
EF65 501を先頭に、24系6両を用いて東京~伊東間で運転された。

Img_7685
△12月1日から営業開始したミツA520(浅草橋→両国)。
営業開始からしばらくの間は三鷹~西船橋の1往復だけだったが、現在は終日運用に就くことも。

-*-*-*-*-*-

以上、駆け足で1年を追っかけましたが、新造車もあれば廃車となった車両もあり、また廃止となった列車もあるなど、色々多々と動きがあった1年でもありました。

来年は「上野東京ライン」開業、「北陸新幹線」延伸部開業など、鉄道の話題が目白押しと言っても過言ではありません。

今夏から再開したブログ。
ホームグラウンドをYahoo!からココログに移しての再開でしたが、来年もゆったりペースで更新していきたいと思いますので、よろしくお付き合いいただければと思います。

最後になりましたが、本年も当ブログにおつきいただき、ありがとうございました。
改めまして、来年もよろしくお願いいたします。

平成26年12月31日
HN:通勤特快//なんぴょん(Twitter:@Nanpyong)


2014年12月28日 (日)

虹色オーケストラ

に行ってきました。

Img_1681_001
△ライブの様子。

(写真は終演後、「からくりピエロ」のインスト演奏時の様子。撮影OKかつブログ掲載可のアナウンス有)

niconicoやようつべでも有名なボカロP「40mP」さんの楽曲を、「演奏してみた」でおなじみのピアノ奏者「事務員G」さんによる企画・演出したコンサート「」。

5回目となる今回、東京国際フォーラム・ホールAで開催されました。

普段からよく聴いている40mPさんの作る楽曲が、バンドによる生演奏に加え、バックにオーケストラ、そして有名な歌い手さん達による歌唱といった、ボリューミーなコンサート(否ライブと言っていいのかしら?)でした。

Img_1816
△当日のセトリ(終演後に撮影)。
カラフルで賑やかなセトリである。

セトリはもちろん、40mPさんの楽曲オンリー。
最近うpされた「感情泥棒」や、NHK「みんなのうた」で登場した「少年と魔法のロボット」、名曲「からくりピエロ」や「タイムマシン」、「キリトリセン」など、計30曲が披露されました。

~12月27日 虹色オーケストラ
(GRAND SYMPHONY WITH FULL ORCHESTRA) セットリスト~
歌い手さんの名前は敬称略

1:夢地図(カケリネ)
2:シリョクケンサ(96猫)
3:東京の真ン中で寝転ぶ(that)
4:恋愛裁判(clear)
5:トリノコシティ(ENE)
6:Melody in the sky(レミュー)
7:八月の風(新社会人)
8:Step to you(Φ串Φ)
9:トビウオの夢(りぶ)
10:巨大少女(シャノ)
11:キミボシ(千穂)
12:フタリボシ(千穂、シャノ)
13:コトバのうた(りぶ、96猫)
14:感情泥棒(カケリネ)
15:妄想スケッチ(新社会人)
16:純情スカート(that)
17:ヤクソクの種(ENE)
18:夏恋花火(シャノ)
19:はじめての涙(40mP)
20:キリトリセン(千穂)
21:君の手 僕の手(レミュー)
22:心傷モノクローム(96猫)
23:ジェンガ(clear)
24:タイムマシン(新社会人、カケリネ)
25:春に一番近い街(シャノ)
26:千年橋と影法師(Φ串Φ)
27:からくりピエロ(りぶ)
28:Smile again(ENE、that、clear、レミュー、Φ串Φ)
29:少年と魔法のロボット(歌い手さん全員)
30:ドレミファロンド(同上)
-*-*-*-*-*-
31:からくりピエロ(インスト)

※途中、歌い手さんと40mPさん・事務員Gさんによるトークあり。


初めて行って、聴いてきた感想を一言で言うと…

オーケストラとバンド、歌い手の息がピッタリ!
これですよやっぱり!!

もちろん原曲よりアレンジが入ってはいますが、良い感じにアレンジされたり、イントロ追加延長(!)したりと、実に聴き応えのある約3時間でした。
特にからくりピエロ。このアレンジは聴き応えありました♪

来年、また虹オケがあるならば是非とも行きたいところです。
今回は2階席からでしたが、次こそは1階席で♪

【おまけ】
ちなみに、今日の東京国際フォーラムでは…

Img_1601
△セロのイリュージョンがあったり、宝塚歌劇100周年記念展があったりと、よりどりみどり。

2014年12月22日 (月)

Bトレで「ミツA520」を作る!

単純に塗り替えただけなんですけどね。

とりあえず先ず先に完成品をば。
Img_1048  Img_1032
△今秋突如現れ、ファンの間でも注目を集めたミツA520。Bトレでもいつか発売されそうな予感がするが、早速作ってみた。


【作り方】
Img_9866
△用意するのはBトレのE231系山手線(後期タイプ※注1)と、GM鉄道カラー「黄色5号※注2」。
あとはマスキングテープを適量と、タッチアップ用にシルバーがあればなおよい。
※ハセガワ「工事用保安機材」はついでで買ってきたもの。

※注1:中央総武緩行(車体-前面)と山手線(前面・スカート)でもよいが、クーラーが違うのとラジオアンテナが付いている点など、実車と大きく異なる上、前面を結局塗装しなければならなくなる。また、ミツA520は帯の色が黄色1号ではなく黄色5号になるので、その辺の相違点も発生する。
なお、みどりヤテからA520を作ることも「一応」可能だが、この場合は黄色5号を車体全体にペイント後、帯や乗務員扉(下半分を除く)をマスキングしてシルバーを吹き付けてやるとよい。

※注2:前述するが、帯色は黄色5号である。

Img_7685  Img_9085
△ミツA520(左)とそれ以外(右。E231系を例に
)では、帯色が微妙に違ったりもする。
(但し、一部209系で帯色が黄色5号になっているものもある。)

Img_9867_001
△作り方としては、車体を一旦洗浄後、帯と乗務員扉(下を少し残すこと)を除いてマスキング。
後はそこに黄色5号を吹き付けるだけ。はみ出したらタッチアップして修正してやるとよい。

近いうちに床下交換(走行台車装着と動力化)とパンタ取り付けをしたいところです。
何時の日か10両編成にしてあげたいと思うのですが、それはまた後日の話。

【おまけ】
先週末発売のDE10
抜かりなく入手し、色々弄ってみました。
(動力ユニットは専用品が来年1月発売予定なので、その後で。)

Img_1055
△ミツA520と共に、DE10を2種。
オンレールしてやれよというツッコミはナシの方向で。
片方には「これでもか!」と言わんばかりにウェザリングを施し、もう片方はグリル回りを墨入れしただけ。

Img_1070
△いろんなシーンで使えるDE10。例えば甲種輸送とか。
(地方譲渡の元東急5000系。八王子への甲種輸送をイメージ。)

2014年12月19日 (金)

「リバイバル富士」

東京駅開業100周年記念のイベントの一つとして、5年前に廃止となった寝台特急「富士」のリバイバル列車(以下「リバイバル富士」)が今日運転されました。

駅撮りは無謀だと捉え、向かった先は多摩川河川敷。
事前ロケハン無し。ぶっつけ本番でした。
(事実、田町駅や新子安駅と行った、東海道線の車両を撮るにうってつけの駅は、主に先端部で多くの人でごった返したとか。)

で、戦果。

Img_0472
△多摩川河川敷を渡る「リバイバル富士」(品川→川崎)。
先頭はEF65 501。以下24系客車6両と続く。送り込みで東京方にEF65PFが連結されていたいが、東京駅で切り離され、単機田端操へ回送されたそうな。

Img_0491
△トラス橋に入ったところで流してみた。

HMは富士山形のものではなく、今回のために鉄道博物館からお借りしたものだそうです。
(Twitter見たままだが、伊東着後はそのまま鉄道博物館へ返却されたそうな。)

Img_0509
△行き先表示は「特急富士|伊東」。

△通過動画(ようつべ)。

※撮影者:うp主:私。iPhoneで撮影し、「iMovie」で編集。


「リバイバル富士」の運行は片道のみ
ツアー参加者は伊東着後1泊し、翌日それぞれオプションツアーをこなしたあと、E655系(和※TR抜き)で帰京予定です。

【せっかく来たことだし…】
「リバイバル富士」が来る前に練習がてら色々と。

Img_0068  Img_0134
Img_0185  Img_0204
Img_0082  Img_0366_001
△編成全景を撮ってみたり、トラス橋に入るやいなや流してみたり。
試行錯誤して撮ってみた結果がこれらである。

一方、海側は京急も走っているんですが…

Img_0450_001
△2000形2011編成(六郷土手→京急川崎)。
距離的に京急側の橋梁は近いのもあるのか、どうにもこうにも撮るのが難しい…

果たしてこの橋梁を再びブルトレが通ることがあるのか、はたまた今回が最後なのか…。

【おまけ】
Img_0567
△E233系×E233系(川崎)。
最大勢力の京浜東北線、そして新鋭の南武線。E233系の同時入線。

2014年12月18日 (木)

常磐快速E231系「元ミツ」完成間近?

来年の上野東京ライン関連と思われますが、現在東京総合車セでは、E231系ミツ車を常磐快速用に編成組み替え等の諸工事が行われています。

(現在、その関連でB20とB22が入場中。)

その一部が早くも完成しており、湘新車内からでもその姿が見られました。

Img_9640_001
△前回のトウ520→ミツA520への編入時もそうだったが、まずは中間車だけ完成した常磐快速向けのE231系(東京総合車セ※湘新車内から)。
元はB20の中間3両である。

Img_9642
△左がモハE230-40、中央はモハE231-40、右がサハE231-60である。
現在のところ2~4号車のみが完成。残りの完成を待っているところだ。

識別点としては、車外スピーカ準備部が見られない点。
これが一番大きいポイントだと思われます。

改造メニューは不明ですが、元がATS-P線区を走ってた編成だけに、小改造(電気連結器の搭載と、それに対応したスカートの交換、ATS-SN設置など)と帯色変更だけで済みそうな気もします。ドア上のLED案内装置は変更無く1段のみになりそうですが…どうなりますやら。

一方、その奥(新系列車両検修西棟付近)では…

Img_9632  Img_9636
△再組成されたミツB22(のうち7両)。元の編成からサハ3両だけ抜かれた。
(それを物語るのか、モハ同士の連結面(写真右)の屋根の汚れ具合が不自然なのがわかる。)
この後サハ3両足されて10両編成になるのか、それともモハ1ユニット抜いて付属5両になるのか、この段階では未だわからない。

Img_9639
△B22(再組成済み)の後には、サハE230が1両ぽっつん。
常磐快速では不要となる6扉車サハE230。このまま廃車となるのか、扱いが気になるところ。

ちなみに、上野東京ライン開業後は常磐快速のE231系も、品川まで乗り入れるそうです。
(朝夕のみ。日中はE531系が入線の予定。)

【おまけ】いくつか。
Img_9650  Img_9656
△御茶ノ水駅110周年記念と云うことで登場したラッピング自販機。
「御茶ノ水」だけに、売られている商品は「お茶(朝の茶事)」と「水(From Aqua)」だけという。
側面(写真右)には中央線を走ってきた歴代の車両達がイラストで描かれている。

Img_9802_001  Img_9817
△ミツA520(西荻窪)。
詳細は記事にもしたので割愛するが、ようやっと中央総武緩行に馴染んできた頃か?

Img_9840
△211系ナノN602(立川)。元はチタN2で、東海道線で活躍してた編成である。
かつて115系が担っていた松本までのロングラン運用に就く。

2014年12月16日 (火)

「Amazon」なE233系

車体広告車ですけどね。

さて、
現在中央線(快速)では、E233系T15編成に、「Amazon」の車体広告を貼り付けて運用に就いています。

Img_9468
△これがその「Amazon」なE233系(立川)。
しかし…正面からではどこにAmazon的な要素が?という雰囲気。


Img_9520
△アングルを替えるとご覧の通り。
誰もが見覚えのある「Amazon」のロゴがあちらこちら。

Img_9472_001  Img_9528_edited1
△各車のステッカー貼り付け位置(左:中間車 右:先頭車)。

Img_9484
△主に貼られているステッカーはこの3種。
リアルにAmazonから送られてくる段ボールのマーキングが、そのまんまプリントされている。
※車内広告はすべてAmazon(トレインチャンネル含む)のADトレイン。

この「Amazon」なE233系。
今月8日から運行開始しており、12月23日まで、富士急行線や青梅線末端(青梅~奥多摩)、五日市線、八高線を除くE233系0番台運用路線で見ることが出来ます。
(運行予定:非公表)
※10両貫通編成なので、10両が入らない路線には当然入線不可。

■関連リンク
「Amazonホリデー」スペシャルページ
※詳しくは△をクリック(orタップ)。


最初見たとき「そこまでやるか!?」というこだわりなページです。
(色々ツッコミどころ満載ですけどwww)

「メーカー名:東急車輌」…合ってます。
(T15は貫通編成ですが、東急製(※当時。現J-TREC横浜)です。それ故行き先表示は…お察し下さい。)

【おまけ】
Img_9432
△T15入線前にやって来たT9(立川)。
T9は新津製…なのだが、行き先表示のモジュールが車両メーカー製(川重・東急)のもの(=縦縞奴)になってたという…。検査時に交換したのか、それとも不具合が出て取り替えたのか、どっちかは不明だが。
ちなみに高尾方のクハE232-9の前面のみ。同車側面とクハE233-9はSS:1/400。

※E233系のうち、0番台は
・車両メーカー製(東急・川重。主にH編成・青編成とT編成の一部)SS:1/80~100が最適(行き先だけだと1/125)
・新津製(主にT編成)SS:1/400が最適
…と、このいずれかに別れていた。
1000番台以降は製造所問わずSS混在となり、撮影時結構厄介だったりする(本音)。

2014年12月14日 (日)

鶴見線営業所へ

行ってきました。

ええ、一般公開ですけどね。


さて、昨日(12月13日)の話。
鶴見線営業所で一般公開がありました。

Img_8757
△車両撮影コーナー。
鶴見線の車両に加え、中原電車区の車両とEF65 1118がズラリと勢揃い!

Img_8584
△EF65 1118は最初、「あけぼの」のHMを掲出。
(前後どっちかわからないが、「出雲」HMも掲出されたとか。)

Img_8966
△205系は綺麗に「中間車→先頭車化」した編成で揃った。

Img_8691_001
△浜川崎ですれ違う同士とEF65の三並び。

Img_8629
△鶴見線2本に挟まれて、南武線用ナハ47が。
基本3両編成の鶴見線に、1編成だけ6両編成の南武線が来るというレアケース。

Img_8680  Img_8620
△ナハ47にこっそり設定が入っている「快速ハイキング号」の行き先表示。
前面のみで、側面は白地である。運番は公開日の日付を想定したのか?

Img_8704
△快走する「レールスター」を流してみた。

Img_8808
△鉄道模型運転コーナーで見られたこんな一こま。
どちらもベースは後藤さんなんだが…こんなフリーランスな楽しみもまたよい。

小規模なスペースではありましたが、色々見所満載な公開でした。

【臨時列車】
今回の公開に合わせて臨時列車(鶴見~弁天橋のノンストップ)が運転されました。

Img_8521  Img_8524
△鶴見駅での表示(左)と使用車両(205系ナハヮ4)。
「弁天橋」の行き先表示は可能なのだが、国道・鶴見小野通過のため、誤乗防止のためか「臨時」表示である。

Img_9055
△その臨時列車の上り(弁天橋→鶴見小野)。
2両編成なだけに、カーブだと構図に迷う。

Img_9127_001
△公開終了と言うこともあり、運転を終え回送されるナハヮ4(国道)。

【おまけ】
Img_9166
△国道駅と云えばこの屋根。
どことなく昔ながらの光景がまたいい。



2014年12月 9日 (火)

ミツA520を求めて…

先週末辺りから日中の運用も始まった、E231系ミツA520

今日、ほぼ終日運用の「07C」で運用に就いていることを知り、各地で撮ってきました。

Img_7638
△まずは御茶ノ水→水道橋で。
時間的に日陰となり、帰宅後トリミングなり補正した結果。


△通過動画(ようつべ)。
※撮影者・うp主:私(iPhoneで撮影)。

Img_7685
△隅田川を渡り、両国駅へ入線するA520(両国)。

Img_7778_001
△両国からそのまま船橋までA520に乗り、下車後船橋を去る様を一枚。

Img_7913_001  Img_7919
△津田沼から折返し中野を目指すA520(2枚とも船橋)。
山手線ルックな顔なだけに、やはり一番目立つ。

【車内など】
基本的に山手線時代と不変なところが多いですが、変わったところも多々。

Img_7749
△座席は山手線時代のまま緑系である。

Img_7724  Img_7731
△所謂元ヤテ車と云えば、運転台の速度計に車内信号が残ってたりするのだが、A520では速度計を新たなものに交換されており、さらにATS-P関係の表示灯が設置されている。
また、かつてTASCやD-ATC関係の表示灯は、記述がすべて消去(または書き換え)されている。

Img_7725
△編成札は新規に起こされた。

Img_7761
△ドア上の液晶も中央総武緩行仕様に仕立てられており、見た感じE233系0番台から時計表示を省略したような雰囲気である。トレインチャンネルはE233系0番台やE231系500番台のもの同様、4:3の画面サイズである。

Img_7700  Img_7706
△路線図表示は「全体(左)」→「直近6駅(右)」の交互表示である。
(全体(日本語)→直近6駅(日本語)→全体(英語)→直近6駅(英語)の順。駅間距離によっては優先席や携帯マナーの表示も出る。)

Img_7715  Img_7717
△乗換案内、駅構内案内図はE233系7000番台のものと同じタイプになっている。
ただし、セサミクロ非搭載のため、アニメーションは一切無い

-*-*-*-*-*-

しばらくは1編成のみの、八ミツの「元ヤテ」E231系500番台。
今後も増えていくことでしょうが、それはまた暫くしてからのお話。

Img_7665  Img_7406
△同じ「元ヤテ(元トウ)」であるミツB27(左:両国 右:水道橋→御茶ノ水)。
かつて山手線の6ドア車置き換え用サハ車の試運転や新津配給、6ドア車の廃車配給で控え車として使用された経緯を持つ。

【おまけ】
Img_7767
△東武野田線
(東武アーバン以下略)との乗換駅である、船橋駅の案内表示。
路線愛称が設定されていても、頑なに東武アー(ryと出さずに「東武野田線」扱いである。

その後は蘇我から京葉線…だったのですが…

Img_8202
△特に狙ったわけではないのだが、まさかのケヨ34との遭遇(蘇我)。




2014年12月 7日 (日)

東武ファンフェスタ

に行ってきました。

(2011年以来、実に4回連続です。)

2005年に開始となった「東武ファンフェスタ」。
今回は10回目の開催となりました。

Img_6293_edited1
△10回目のファンフェスタは、前回(第9回)とほぼ同じ車両ラインナップとなった。
(変わったとしたら350系が10050型に変わった、と言うところか。)

P1300575
△ちなみに去年のラインナップはこちら。
(一眼購入前なのでコンデジで撮影)

-*-*-*-*-*-
今年の話に戻します。

Img_6269  Img_6339
△動態保存車8111Fを除き、全車ファンフェスタ10周年のステッカーが貼られた。
60000系は臨時列車として、館林~南栗橋間で運転後、車両管区入りとなった。

Img_7095  Img_6122
△8111F以外にも、車両管区内で2本8000系が見られた。

Img_6921
△入場を待つ100系104Fの2両。
奥の工場内ではすでに4両入場しており、整備中であった。

Img_6493_001
△クハ104-1をこんなアングルで撮れるのも一般公開ならでは。

Img_6503_001
△100系前面には連結器は収納されている。
普段顔を出さないが、検査時にはこのようにひょこんと出る。

Img_6579
△クハ104-6。運転台窓には眼が。

Img_6701_002  Img_6758
△車体上げはモハ104-5を用いて行われた。

Img_6596_001
△100系、200系、6050系の方向幕(6050系は前面の行き先の方)。
100系はJR乗り入れ対応の分と思われるが…品川行が果たしてこの先現実のものになるのか否か。

Img_6865
△南栗橋車両管区公開ではもうおなじみとなった、車体色見本。
右の野田線ファミマカラー新色を除くと、4種が一度に見れるのは東上線の森林公園駅だけという。

Img_6883
△過去9年のファンフェスタ車両展示コーナーの車両群。
第1回は1800系とそれベースの改造車から始まり、以降時折乗り入れ先(東急・メトロ)が混ざったりと、様々なラインナップが見られた。

一通り車両管区内を見てからは、おなじみ「花上名誉館長×渡部史絵さん」によるトークショーを拝聴後撤収しました。
8000系の話から始まり、100系や6050系の話など、東武色染まるトークでしたw

【おまけ】
Img_6185
東急ファンフェスタ…じゃないけれど、偶然並んだ乗り入れ先の東急車。
ここにメトロ車(敢えて03系じゃなく、8000系か08系)が並べば完璧…だったんだけどw

2014年12月 2日 (火)

ミツA520からのE233系U233編成落成

午前中:ミツA520

午 後:E233系U233編成落成(出荷出場)
そんな1日でした。

【E231系 ミツA520を撮る】
某所で、「A520は当面短距離運用」と記載があり、まさか今日も朝のみの運用なのかしら?と思ったら案の定でした。

Img_4858
△営業開始2日目は、朝の三鷹~西船橋間1往復のみ「65B」運用に就いたE231系ミツA520(三鷹)。
終点三鷹着後はそのまま三鷹車セ入庫なので、入線前から「回送」表示で入線。

Img_4876
△登場から2ヶ月。各種試運転や研修を経て営業に就いたA520。
今月半ばから本領発揮のようで、それまでしばらくは単運用が続くそうな。

Img_4866
△ドア上のLCDは山手線時代から継承の15インチ4:3のまま。
右の案内ディスプレイは「上:E233系0番台(から現在時刻表示を省略) 下:同7000番台-セサミクロ」と言ったところか。

Img_4867
△座席。これも山手線時代のままである。

ミツA520は、このまま三鷹車セに入庫となりました。

Img_4988_001 Img_4996
△三鷹車セ14番線に収容されたミツA520(どちらも跨線橋上から撮影)。
15番線にやってきたE231系と比較しても、顔かたちが大きく変わり、違う印象が伺える。
(ちなみに15番線のE231系はプロトのミツB901。)

ひとまずミツA520はまた後日撮りたいと思います。
(出来れば日中運用に就き始めた辺りに狙いたいが…)

-*-*-*-*-*-

ミツA520の話はここまで。次の話。

【E233系U233編成登場】
今日未明、J-TREC横浜からE233系近郊(3000番台)の付属編成が1本落成し、神武寺まで送られました。

Img_5142_001
△未明のうちに神武寺に送り込まれたE233系3000番台。
珍しく付属編成のみの出場である。

今回出場となったE233系。近郊タイプなので国府津か高崎に配置だろうと思ったら、実はどちらでもなく小山配置のE233系なのです。

編成番号は「U233」。
車両自体は高崎配置のD16の続番になってます。

Img_5180_edited1
△DE10 1666に牽引され、一路逗子駅へ。

Img_5222_001_edited1
△逗子に到着したE233系U233。

Img_5259
△逗子ならではの並び…と言うか、同じE233系が所属する国府津車の場合、大船や横浜、品川でちょくちょく並ぶ顔同士と言えば顔同士である。

Img_5236
△編成番号は「U233」。
車両がE233系だから…と言う意味ではないと思うが、車両番号下2桁+「U2」…でいいのだろうか?

Img_5242
△E233系では初の小山車セ配置である。
(宇都宮線ではタカ車が乗り入れてはいるが、配置はない。)

Img_5290
△行き先、運行番号が表示され、試運転に向けての準備が着々と進む。
(行き先表記はSS:1/125)



仕様自体は在来のE233系3000番台とほぼ同一ですが、一部仕様変更が。

Img_5201
△車体外見で一番目立つのが「FMラジオアンテナ」の廃止。
これは前に出場したE531系増備車でも見られたマイナーチェンジである。

屋根上はFMラジオアンテナが無くなった分、スッキリしました。
なお、モバイルWiMAXアンテナ、ATACS用アンテナ台座はありません。

Img_5268
△側面の車側灯がクリアパーツに変更になっている。

E233系6000~8000番台に則した仕様変更が所々行われていますが、車内設備(座席、ドア上の案内表示装置(LED2段式)、室内灯)は他の3000番台と同じ仕様です。

Img_5267_001
△駅名対照表も現行の3000番台(というかE231系近郊)と全く同じ。
来年3月14日開業の上野東京ラインには対応していないが、開業前辺りに仕様変更されると思われる。


-*-*-*-*-*-

上野東京ライン開業に向けて、車両の増備も着々と進んでいる現状。
既にJ-TREC横浜では、もう1編成E233系が間もなく落成、更にE531系も1編成製造中、と言ったところです(帯貼り中)。


【おまけ】
まずは三鷹車セで見たこんな光景。

Img_4940
△ミツA520…ではなく、下のK2の行き先表示にご注目。
「日本橋」表示…あまり使われてないが、使うことってあるんかな?

移動中、是政橋にて。
Img_5009  Img_5031_edited1
Img_5067  Img_5035_edited1
△富士山を背に、多摩川を往く南武線(と、武蔵野貨物線)。
南武線のニューフェイスや主力205系と共に、貨物列車とEF65単機。

Img_5073
△列車や富士山を抜きに、単に多摩川と橋梁だけ。
それにしても今日は良い天気だった。風強かったけど…


2014年12月 1日 (月)

大宮詣からの東十条など

12月になりました。

今年も残り30日近く。1年経つのはほんとあっという間です。


さて、今日から中央総武緩行ではE231系「ミツA520」が始動しましたが、当日朝は仕事で撮れず、かつ「29B(朝は三鷹~西船橋の往復。一旦八ミツ入庫後、夕方から再度運用に就く)運用だったそうで、夕方からA520が変更無く再始動してくれるだろうと、不安ながらも期待を込めながら(戦果後半で)、一路大宮へ…

着くやいなや、大宮総合車セでは、

Img_4079
△整備を終えて出場の時を待つE26系「カシオペア」のうち、函館方の6両。
先頭は郡山配給でおなじみの交直死神EF81 134号機。

この日、2度に分けて出場試運転があり、最初に上野方6両がEF64 1030牽引で、その後にこのEF81 134牽引の元行われました。
(前半はTwitter見たまま)

更に大宮総合車セでは…

Img_4107
△189系(トタM52編成)が、かつて183系で纏ってた「グレードアップあずさ」色となり現れた。
こちらはこの後出場前の構内試運転で、鉄道博物館の横を数往復したとか。

実はこのカラーリング、鉄道誌やNゲージ(KATO)では見たことあるんですけど…現物を見るのは初なんですよ…ええ(関西出身者なので)。

この関連 でのリバイバルだそうですが、12月6日から運転開始だそうで、主に波動用や臨時「あずさ」、「ホリデー快速富士山」等で使用されるそうです。

-*-*-*-*-*-

さて、大宮12番線脇に現れたE26系の6両はというと…

Img_4390
△一旦宮原方に引き上げた後、推進運転で大宮10番に入線。
普段見られない妻面がかいま見られる。

Img_4398
△「26-12 大宮総合車セ」。
しっかり「検査を受けました」という表記が刻まれている。

Img_4444
△大宮10番で発車を待つ試運転列車。
この後一旦東大宮へ向かい、折返し上野へ向かう。

発車の様子(ようつべ)

※撮影者:私。iPhone6 Plus FHD 60fps.で撮影。

発車を見送り、このあと昼食を済ませ、傘を置き忘れてたことに気づき再度大宮11番に戻ったところ…

Img_4493
△入れ換え中の185系国鉄(踊り子)4両。
…しかし、185系は踊り子色に統一させる方向なん?

色々見て回って、一路東十条へ。

Img_4635_001
△東大宮から機関車を付け替え、一旦上野を目指すE26系の試運転列車(赤羽→尾久)。
危うく高崎宇都宮下りのE231系(左※ROM更新済み)と被るところだった。

Img_4639
△普段12両のE26系が、まるで鉄道模型のような編成で走る様はあまり見られない。
スロネE27とEF81との連結は密連で連結。

Img_4645
△最後部。尾灯や「Cassiopeia」のロゴは点灯しておらず、反射板だけ。

Img_4669
△そこから暫くして、上野方6両の試運転を担当した死神EF64 1030が単機で長岡へ。

こちらでも合間何枚か。

Img_4606
△安中さん(安中貨物)。

Img_4570
△ROM更新済みのE231系コツ車。
実は付属編成のみROM更新が終わっており、基本編成はROM更新前である。

-*-*-*-*-*-

【で、A520は?】
行きましたよ。そこから三鷹へ。
で、時間(三鷹17:37発のちょっと前)になり、そろそろ来るか…と思いきや、やって来たのは

Img_4796
※1番線は元ウラことC516。よく遭遇してる気がする…

C504(209系)かよ/(^o^)\
なんか…「ざまあwwwwww」と言う声が聞こえそうなそうでもないような…否何でもないです。

まA520は営業開始したばかり。
そのうち会えるだろうと信じ、暫く中央総武緩行界隈に通おうと思います。ロケハン込めて。

【おまけ】3つほど。

Img_4206
△偶然なのかたまたまなのか、大宮11番で157系風味の185系を、同じ時間によく見てる気がする…
(ちなみにきぬがわ発後の話。)

Img_4254
△大宮総合車セの入れ換え車を流してみた。
低速で動く入れ換え車。流して撮るとそこそこ速度を上げて快走してるようにも見える。

Img_4822
△E4系原色(東京※東海道線ホームから)。
現在かつてE1系が纏ってたピンク帯に替わりつつあり、原色もやがて貴重な存在に?

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー