« 東武8000系、東上線撤退まであと少し。 | トップページ | ダイヤ改正を前に(「路線ネットワーク」改訂)… »

2015年1月13日 (火)

配給有り、甲種有り。

そんな一日でした。

【E233系N12配給】

ジワジワ増えつつある南武線のE233系。
今日、越後石山から最新のN12編成が出荷配給されました。

Img_7274  Img_7278
△今年2本目、通算して12本目となった南武線E233系N12(新座)。
行き先表示はSS:1/400である。

N12はこのまま国府津へ。
翌日(1月14日)に、試運転がてら中原区入りするものと思われます。

-*-*-*-*-*-

ひとまず、このN12配給を撮ってから帰ろうか…と思ってました。
武蔵野線車内でTwitterを眺めたときに、「HB-E210系」の甲種輸送があったことを思い出すまでは。

【HB-E210系甲種】
そう、今日はJ-TREC横浜から、6月開通予定の「仙石東北ライン(仙石線・東北本線接続線)」用の新型ハイブリッド気動車「HB-E210系」が落成し、甲種輸送される日でした。
完全にド忘れしてて、新座に向かう武蔵野線車内でそれに気づき、山手で一発…と思ったときには時既に遅しでした(´・ω・`)

閑話休題。
諦めて帰る?否、ならば確実に通るであろう武蔵野線で…と思い、前述のN12撮影後に一路2つ隣の西浦和へ。

待つことしばし。当該はやって来ました…が、


Img_7423
△新鶴見(信)からEF65 2068に変わり、一路大宮操へむかうHB-E210系(西浦和)。
折しも陽が西に傾きつつある時間。「逆光は(ry」にはならなかったが…

Img_7442
△西日をたっぷり浴びて西浦和を通過するHB-E210系。
見た感じE129系とそっくりである。

Img_7453
△そして別所(信)へ…

この後大宮操で一休みするだろうと思い、一路さいたま新都心へ。

Img_7693
△大宮操で一休みするHB-E210系(さいたま新都心)。

今回輸送されたHB-E210系。
編成としてはC-1編成C-2編成の2編成。いずれも小牛田運輸区(仙ココ)所属になります。
(TwitterでP-1,P-2とツイートしましたが、誤りです。スンマセン…)
形式は上野方がHB-E211、大宮方がHB-E212だそうです。
(…てことは、これその後両運転台車が登場したら、それがHB-E210に…なるのかな?)


Img_7593_edited1
△編成単位で撮ってみた。
こうして見ると、新潟ローカルのE129系からパンタグラフ、床下機器を取っ払い、新たにハイブリッド機構を取り付けたようなスタイルである。

Img_7613
△HB-E211-1。前面は確かにE129系とそっくり…だが、窓配置が前側と後側で不揃いなのが気になる。トイレ付き。

Img_7536_edited1
△HB-E212-1。これも窓配置が不揃いである。
こちらにはトイレは搭載されていない。窓のない部分はハイブリッド関係の機器室と思われる。

Img_7481
△HB-E211-1の機器構成。
屋根上にはクーラーと共に蓄電池、床下にはインバータとエンジンが備えられている。
アンテナは車両前後に搭載されているが、列車無線だけなのか、ATACSアンテナも併設しているのかは不明

Img_7639
△妻部にはハイブリッド車である事を示す「HYBRID TRAIN」の記述。
HB-E211にはトイレを備えているので、妻部床下にトイレタンクが備わる。

Img_7631
△保安装置はATS-Psのみ
ちなみに仙石東北ラインが乗り入れる仙石線のうち、高城町~東塩釜はATS-Ps区間なのだが、やがてATACS区間が拡大されるとこの車両にもATACSが搭載されそうな気がする。
(現在の仙石線ATACS区間は、あおば通~東塩釜間。)

Img_7628
△動力台車はDT75B。付随台車は確認できていないが、キハE200やHB-E300系がTR260系を履いていることから、同系の台車(TR260B?)を履いているものと思われる(※注1)。

そしてHB-E210系は再び動き出し、一路目的地へ輸送されました。

Img_7712 Img_7718
△大宮10番を通過するHB-E210系甲種輸送列車。

HB-E210系は今回出場分を合わせ、計16両(2両編成×8本)製作される予定で、今年6月に仙石線全線再開に併せ開業する「仙石東北ライン」に投入されます。
(車体がE129系同様sustina(※注2)を採用していれば、全車(というかあと12両)J-TREC横浜での製造になりそうだが…)

□関連リンク(JR東日本プレスリリース※2013年発表時のもの)
https://www.jreast.co.jp/press/2013/20130703.pdf



※HB-E210系の増備予定、試運転等、JR東日本仙台支社等への問い合わせはご遠慮下さい。
また、HB-E210系の詳細については、今後発売される鉄道誌をご参照下さい。

【おまけ】
Img_6951_001
△先週、茅ヶ崎から中原区に戻ってきたナハ7(左)。
営業復帰せず、この後再び茅ヶ崎に戻っていった(中原電車区※敷地外から)。

Img_7076_edited1
△EF65 535+移動用DL+クハ103-525+クモニ83006(東芝※北府中駅から撮影)。
何の試験をやっていたのかは不明である。


-*-*-*-*-*-
※注1:キハE200はDT75/TR260、HB-E300系はDT75A/TR260Aである。
※注2:E129系はsustinaだそうな(車内にsustinaプレートあり)

« 東武8000系、東上線撤退まであと少し。 | トップページ | ダイヤ改正を前に(「路線ネットワーク」改訂)… »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/58573222

この記事へのトラックバック一覧です: 配給有り、甲種有り。:

« 東武8000系、東上線撤退まであと少し。 | トップページ | ダイヤ改正を前に(「路線ネットワーク」改訂)… »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー