« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

【上野東京ライン準備中】東京駅の場合。

報道公開もされ、準備に余念がない上野東京ライン。


Img_8878  Img_8952
△試運転はいつもの2本(E233系15両と185系10両)で行われている…が、昨日はE655系「和」(TR抜き)が入線したとか。

今回は東京駅での準備状況を。

Img_9242  Img_9240
△東京駅の場合、上東北行は7番線・8番線に入線する。
そのため、9番線・10番線は(上野東京ライン)の部分が目隠しされた状態だけ。

Img_9215  Img_9238
△コンコースに新設されたLED発車標も、上東開業に向けて表記類の準備がなされている。
すべて「始発」になっているのも仕様だが、上東開業前は途中駅となるため、開業後は一部列車でしか「始発」表記は見られない。

Img_9223
△凄い詰め込み感が…。

Img_9250
△駅名標はすべて「<上野」表記となり、上下線に矢印が向いた形になる。

Img_9259
△7番線・8番線とも、番線表示は上東関連の記述がメインとなり、東海道線関連はこじんまりとしている。
上東北行メインとなる東京駅7番線と8番線。
記述から、東海道線の始発列車も出ることがあるようだ。

Img_9274
△ホームのLED発車標は未更新である。

Img_9279  Img_9281
△一方で、新幹線側もJR東日本側の記述が北陸新幹線対応版に差し替えられ、ピクトグラムが200系からE5系に刷新されている。
(一方で、JR東海側は700系…N700(A)系がメインになってきているが、こちらはまだまだ700系のピクトグラムのようだ。)

Img_9284_001

△200系のピクトグラムも過去帳入りしそうだ。

【上野東京ライン開業後の東京駅】
※1番線・2番線・各新幹線ホーム、京葉地下ホームは行き止まり。

1番線
中央快速
2番線中央快速
3番線京浜東北線北行
4番線山手線内回り
5番線山手線外回り
6番線京浜東北線南行
7番線上野東京ライン北行(高崎・宇都宮・常磐線方面)、東海道線下り
8番線上野東京ライン北行(高崎・宇都宮・常磐線方面)、東海道線下り
9番線東海道線下り(上野東京ライン南行)※サンライズ瀬戸・出雲
10番線東海道線下り(上野東京ライン南行)※一部踊り子
-*-*-*-*-*-
20番線~23番線東北・上越方面新幹線ホーム
14番線~19番線東海道・山陽新幹線ホーム
-*-*-*-*-*-
総武地下1・2番線横須賀線(一部総武快速)、特急しおさい
総武地下3・4番線総武快速(一部横須賀線)、成田エクスプレス
-*-*-*-*-*-
京葉地下1~4番線京葉線、武蔵野線(特急は1番線、2番線発)
※京葉地下ホームは、有楽町駅京橋口改札から京葉地下丸ノ内口経由での乗換も可。

【おまけ】
昨日、新宿駅での一こま。

Img_8712
△東京総合車セを出場したE231系ミツB22(新宿11番)。
しかし…B22はマト転属のために入場したはず。何故にこのまま出場?

Img_8723
△編成も10両ではなく7両編成。
5号車~7号車はごっそり抜かれ、サハE230-22は解体。サハE231-65はマト118へ、サハE231-66はマト転用のためなのか東京総合車セに残留…と言う状態。

Img_8772
△その後この編成は三鷹まで試運転。後に三鷹車セ入庫となった。
いったい何の試運転なのか、謎のままである。そしてこの7両の今後は如何に?

2015年2月23日 (月)

【上野東京ライン準備中】上野駅の場合・つづき

前回作成の記事の続きです

さて、前回では9番線が
・高崎宇都宮関連の記述が残存。

・しかし、ホームへ通じる階段側の看板は、高崎・宇都宮線関連の表記が封じられた。

と上げましたが、その後の話。

【駅名標】
Img_8285 Img_8448
△左:2月20日の時点。右:2月23日の時点。
大宮方は「<日暮里」だけになり、東京方は上からシールが貼られているものの、「東京>」と言う記述が追加されている。


【番線表示】

Img_8298 Img_8442
△位置関係は駅名標と同じ。
完全に常磐線仕様となってはいるが、その下は常磐線上野東京ラインとなっている。

【その他】
階段上の案内も変わりました。
Img_8457
△現状は常磐線(中電)ホームであるが、上野東京ライン開業後は常磐線(中電快速、成田我孫子)と、上野東京ライン南行のホームになる。
前述の両方向に矢印が付いた駅名標がそれを物語る。


Img_8587
△上東開業後、朝夕は9番線にもこのE231系がやってくる。
(日中帯はE531系が入り、E231系は今まで通り11番線か12番線で折返し。)

Img_8435
△ちなみに、5番線はこのまま変わりない模様。
(上東開業後も高崎・宇都宮線ホームとして取り扱う。但し始発ではなく、上東からの直通列車であるが。)

-*-*-*-*-*-
ひとまず上野駅の流れはここまで。
あとは開業後落ち着いてからにしたいと思います。

【おまけ】
Img_8343_edited1
△一路東京駅を目指す黄色先生ことドクターイエロー(田町)。
実のところ、ドクターイエロー自体を東海道新幹線で見たの、どれぐらいぶりのことか…。

2015年2月20日 (金)

【上野東京ライン準備中】上野駅の場合。

上野東京ラインの主要駅の一つ、上野駅。

ここでの準備状況をば。

Img_7966_001
△コンコースの案内板。
すべて「当駅始発」となっているが、これも上野東京ライン開業後は一部列車でしか見られなくなる。

Img_8302
△上野東京ライン用に新設された案内板もあり、準備は万端と言ったところか。

Img_8153
△14番・15番線にある、上のホームへの案内板。
上野東京ライン対応版に差し替えられており、上から目隠し的な意味で現在の案内表示が張られている。

Img_8244
△現在高崎宇都宮ホームとなっている6番線は、上野東京ライン開業後は常磐線も乗り入れてくる。
そのための記述が併記された(云うまでもないが開業までは上からシール貼り)。

Img_8243 Img_8238
△5番線方は単純に前の駅(東京)が加えられただけだが、常磐線も入線する6番線側は、大宮方が枝分かれとなり、下は「日暮里>」が追加された。

Img_8260 Img_8253
△一方、7番線と8番線は上野東京ライン南行ホームと常磐線特急ホーム(8番線のみ)になるようで、7番線は東海道線直通のみ、8番線は更に常磐線の特急列車(ひたち・ときわ)が入線することになる。

Img_8256
△駅名票も差し替えとなり、現在尾久方面に矢印が向いているが、上野東京ライン開業後は東京方面に矢印が向いた状態となる。

Img_8276
△9番線の高崎宇都宮関連の表記は封じられた…が、

Img_8285 Img_8298
△駅名標、番線表記には目隠しがされていない。

【上野東京ライン開業後の上野駅】
※印…行き止まり。東京方面には行けない。
◎印…地上ホーム
※「ひたち・ときわ」は、日中はすべて品川発着。朝夕は一部が上野始発。
※常磐線は、朝夕は快速(取手・成田始発)が品川直通、日中は列車(中電)が品川直通。


1番線京浜東北線北行
2番線山手線内回り
3番線山手線外回り
4番線京浜東北線南行
5番線高崎宇都宮下り(上野東京ラインから)
6番線高崎宇都宮下り、常磐線成田線下り(上野東京ラインから)
7番線上野東京ライン南行(高崎宇都宮から)
8番線上野東京ライン南行(高崎宇都宮から)、常磐線特急(下り。ひたち・ときわ)
9番線常磐線(上野東京ライン南行)
10番線常磐線(始発)※
11番線常磐線成田線(始発)※
12番線常磐線成田線(始発)※
◎13番線高崎宇都宮下り(始発)、上野発寝台特急(カシオペア・北斗星)※
◎14番線高崎宇都宮下り(始発)、高崎線特急(草津・水上・スワローあかぎ)※
◎15番線高崎宇都宮下り(始発)、高崎線特急(草津・水上・スワローあかぎ)※
◎16番線上野始発の常磐線特急ホーム(一部ひたち・ときわ)※
◎17番線上野始発の常磐線特急ホーム(一部ひたち・ときわ)※
-*-*-*-*-*-
19番線~22番線:新幹線ホーム(19・20番線:下り(新青森、秋田、山形、新潟、金沢方面)、21・22番線:東京行)

【余談】
Img_8158
△E231系における、更新後の駅名対照表の位置。
ドアスイッチ左横にある四角のものが駅名対照表である。

【おまけ】
Img_7955
△ウルトラマン(小便)小僧(浜松町)。
今開催されている「ウルトラマンスタンプラリー」のコラボ的なものである。

2015年2月16日 (月)

【駅名対照表】上野東京ライン対応E231系・E233系・E531系

このブログ始まって以来、史上最強に読みづらい記事になったかも知れない(恐縮)。

さて、先日上げた「上野東京ライン関係でROM更新されたE233系・E231系・E531系」の駅名対照表。これを活字でまとめてみました。

(凡例)

・(新宿)…湘南新宿ライン(行き先表示上で「新宿経由」と表記。南北不問。)
(例)対照表No.028.(新宿)快速 小金井(湘新・宇都宮線直通)の場合
①逗子発時~新宿着まで:<快速>湘南新宿ライン/宇都宮線直通→<新宿経由>快速 小金井
②新宿発~終点着まで:<快速>湘南新宿ライン/宇都宮線直通→<快速>小金井
※<>=囲み。4文字は改行。

・(上野)…上野東京ライン・上野経由(行き先表示上で「上野経由」と表記。南行のみ。)
(例※推測)対照表No.139.(上野)沼津(上東・東海道線直通)の場合
①宇都宮発時~上野着まで:上野東京ライン/東海道線直通→<上野経由>沼津
②上野発~終点着まで:上野東京ライン/東海道線直通→沼 津

・(東京)…上野東京ライン・東京経由(行き先表示上で「東京経由」と表記。北行のみ。)
(例※推測)対照表No.171.(東京)黒磯(上東・宇都宮線直通)の場合
①熱海発時~東京着まで:上野東京ライン/宇都宮線直通→<東京経由>黒磯
②東京発~終点着まで:上野東京ライン/宇都宮線直通→黒 磯
※以上2つは未確認要素のため、現時点では推測とします。ご了承下さい。
・上東…上野東京ライン
・湘新…湘南新宿ライン
アクティーラビットアーバン…それぞれ頭に快速付記
通快…通勤快速
特快…特別快速
・行き先表示で種別なし…(E231系・E531系)表示無し (E233系)普通表記。
(E531系の場合、上野~取手は快速、取手以北は普通扱い。)

E231系(近郊※コツ・ヤマ)E233系(3000番台)

Img_7188 Img_7366

基本的に両者とも、種別と行き先が一緒に取り扱われています。

001.回送
002.臨時
003.試運転
004.団体
005.普通
006.快速
007.特別快速
008.通勤快速
009.
010.(新宿)快速 前橋(湘新・高崎線内普通)
011.(新宿)快速 新前橋(湘新・高崎線内普通)
012.(新宿)快速 高崎(湘新・高崎線内普通)
013.(新宿)快速 本庄(湘新・高崎線内普通)
014.(新宿)快速 深谷(湘新・高崎線内普通)
015.(新宿)快速 籠原(湘新・高崎線内普通)
016.(新宿)快速 鴻巣(湘新・高崎線内普通)
017.快速 大宮(湘新)
018.快速 池袋(湘新)
019.快速 新宿(湘新)
020.快速 大崎(湘新)
021.快速 品川(湘新)
022.(新宿)快速 平塚(湘新・東海道線直通)
023.(新宿)快速 国府津(湘新・東海道線直通)
024.(新宿)快速 小田原(湘新・東海道線直通)
025.(新宿)快速 熱海(湘新・東海道線直通)
026.(新宿)快速 黒磯(湘新・宇都宮線直通)
027.(新宿)快速 宇都宮(湘新・宇都宮線直通)
028.(新宿)快速 小金井(湘新・宇都宮線直通)
029.(新宿)快速 大船(湘新・横須賀線直通)
030.(新宿)快速 逗子(湘新・横須賀線直通)
031.(新宿)特快 前橋(湘新・高崎線直通)
032.(新宿)特快 新前橋(湘新・高崎線直通)
033.(新宿)特快 高崎(湘新・高崎線直通)
034.(新宿)特快 籠原(湘新・高崎線直通)
035.特快 大宮(湘新)
036.特快 池袋(湘新)
037.特快 新宿(湘新)
038.特快 大崎(湘新)
039.特快 品川(湘新)
040.(新宿)特快 平塚(湘新・東海道線直通)
041.(新宿)特快 国府津(湘新・東海道線直通)
042.(新宿)特快 小田原(湘新・東海道線直通)
043.(新宿)特快 熱海(湘新・東海道線直通)
044.(新宿)前橋(湘新・高崎線直通)
045.(新宿)新前橋(湘新・高崎線直通)
046.(新宿)高崎(湘新・高崎線直通)
047.(新宿)本庄(湘新・高崎線直通)
048.(新宿)深谷(湘新・高崎線直通)
049.(新宿)籠原(湘新・高崎線直通)
050.(新宿)鴻巣(湘新・高崎線直通)
051.大宮(湘新)
052.池袋(湘新)
053.新宿(湘新)
054.大崎(湘新)
055.品川(湘新)
056.(新宿)平塚(湘新・東海道線直通)
057.(新宿)国府津(湘新・東海道線直通)
058.(新宿)小田原(湘新・東海道線直通)
059.(新宿)熱海(湘新・東海道線直通)
060.(新宿)黒磯(湘新・宇都宮線直通)
061.(新宿)宇都宮(湘新・宇都宮線直通)
062.(新宿)小金井(湘新・宇都宮線直通)
063.(新宿)古河(湘新・宇都宮線直通)
064.(新宿)大船(湘新・横須賀線直通)
065.(新宿)逗子(湘新・横須賀線直通)
066.アーバン 前橋(高崎・両毛線)
067.アーバン 新前橋(高崎・上越線)
068.アーバン 高崎(高崎線)
069.アーバン 籠原(高崎線)
070.アーバン 上野
071.ラビット 黒磯(宇都宮線)
072.ラビット 宇都宮(宇都宮線)
073.ラビット 小金井(宇都宮線)
074.ラビット 上野
075.アクティー 東京(東海道線)
076.アクティー 品川(東海道線)
077.アクティー 平塚(東海道線)
078.アクティー 国府津(東海道線)
079.アクティー 小田原(東海道線)
080.アクティー 熱海(東海道線)
081.通快 前橋(高崎・両毛線)
082.通快 新前橋(高崎・上越線)
083.通快 高崎(高崎線)
084.通快 籠原(高崎線)
085.通快 黒磯(宇都宮線)
086.通快 宇都宮(宇都宮線)
087.通快 小金井(宇都宮線)
088.通快 上野
089.通快 平塚(東海道線)
090.通快 国府津(東海道線)
091.通快 小田原(東海道線)
092.通快 熱海(東海道線)
093.横川(信越線)
094.桐生(両毛線)
095.伊勢崎(両毛線)
096.前橋(両毛線)
097.新前橋
098.高崎
099.前橋(高崎・両毛線)
100.新前橋(高崎・上越線)
101.高崎(高崎線)
102.本庄(高崎線)
103.深谷(高崎線)
104.籠原(高崎線)
105.鴻巣(高崎線)
106.黒磯(宇都宮線)
107.矢板(宇都宮線)
108.宇都宮(宇都宮線)
109.小金井(宇都宮線)
110.小山(宇都宮線)
111.古河(宇都宮線)
112.大宮
113.上野
114.東京(東海道線)
115.品川(東海道線)
116.横浜(東海道線)
117.大船
118.逗子
119.藤沢(東海道線)
120.平塚(東海道線)
121.国府津(東海道線)
122.小田原(東海道線)
123.熱海(東海道線)
124.伊東(東海道伊東線)
125.沼津(東海道線)
126.山北(東海道御殿場線)
127.国府津(御殿場線)
128.山北(御殿場線)
129.(上野)東京(上東)
130.(上野)品川(上東・東海道線直通)
131.(上野)横浜(上東・東海道線直通)
132.(上野)大船(上東・東海道線直通)
133.(上野)藤沢(上東・東海道線直通)
134.(上野)茅ヶ崎(上東・東海道線直通)
135.(上野)平塚(上東・東海道線直通)
136.(上野)国府津(上東・東海道線直通)
137.(上野)小田原(上東・東海道線直通)
138.(上野)熱海(上東・東海道線直通)
139.(上野)沼津(上東・東海道線直通)
140.(上野)伊東(上東・東海道線直通)
141.(上野)ラビット 東京(上東)
142.(上野)ラビット 品川(上東・東海道線内普通)
143.(上野)ラビット 横浜(上東・東海道線内普通)
144.(上野)ラビット 大船(上東・東海道線内普通)
145.(上野)ラビット 藤沢(上東・東海道線内普通)
146.(上野)ラビット 茅ヶ崎(上東・東海道線内普通)
147.(上野)ラビット 平塚(上東・東海道線内普通)
148.(上野)ラビット 国府津(上東・東海道線内普通)
149.(上野)ラビット 小田原(上東・東海道線内普通)
150.(上野)ラビット 熱海(上東・東海道線内普通)
151.(上野)ラビット 沼津(上東・東海道線内普通)
152.(上野)ラビット 伊東(上東・東海道線内普通)
153.(上野)アーバン 東京(上東)
154.(上野)アーバン 品川(上東・東海道線内普通)
155.(上野)アーバン 横浜(上東・東海道線内普通)
156.(上野)アーバン 大船(上東・東海道線内普通)
157.(上野)アーバン 藤沢(上東・東海道線内普通)
158.(上野)アーバン 茅ヶ崎(上東・東海道線内普通)
159.(上野)アーバン 平塚(上東・東海道線内普通)
160.(上野)アーバン 国府津(上東・東海道線内普通)
161.(上野)アーバン 小田原(上東・東海道線内普通)
162.(上野)アーバン 熱海(上東・東海道線内普通)
163.(上野)アーバン 沼津(上東・東海道線内普通)
164.(上野)アーバン 伊東(上東・東海道線内普通)
165.(東京)上野(上東)
166.(東京)大宮(上東・宇都宮線直通)
167.(東京)古河(上東・宇都宮線直通)
168.(東京)小金井(上東・宇都宮線直通)
169.(東京)宇都宮(上東・宇都宮線直通)
170.(東京)氏家(上東・宇都宮線直通)
171.(東京)黒磯(上東・宇都宮線直通)
172.(東京)アクティー 上野(上東)
173.(東京)アクティー 大宮(上東・宇都宮線内普通)
174.(東京)アクティー 古河(上東・宇都宮線内普通)
175.(東京)アクティー 小金井(上東・宇都宮線内普通)
176.(東京)アクティー 宇都宮(上東・宇都宮線内普通)
177.(東京)アクティー 氏家(上東・宇都宮線内普通)
178.(東京)アクティー 黒磯(上東・宇都宮線内普通)
179.(東京)籠原(上東・高崎線直通)
180.(東京)深谷(上東・高崎線直通)
181.(東京)高崎(上東・高崎線直通)
182.(東京)新前橋(上東・高崎線直通)
183.(東京)前橋(上東・高崎線直通)
184.(東京)岡部(上東・高崎線直通)
185.(東京)熊谷(上東・高崎線直通)
186.(東京)本庄(上東・高崎線直通)
187.(東京)鴻巣(上東・高崎線直通)
188.岡部(高崎線)
189.熊谷(高崎線)
190.(新宿)岡部(湘新・高崎線直通)
191.(新宿)熊谷(湘新・高崎線直通)
192.
193.
194.
195.(新宿)快速 茅ヶ崎(湘新・東海道線直通)
196.(新宿)快速 藤沢(湘新・東海道線直通)
197.茅ヶ崎(東海道線)
198.氏家(宇都宮線)
199.(新宿)黒磯(湘新・宇都宮線内快速)
200.(新宿)宇都宮(湘新・宇都宮線内快速)
201.(新宿)小金井(湘新・宇都宮線内快速)
202.(上野)平塚(上東・東海道線内アクティー)
203.(上野)国府津(上東・東海道線内アクティー)
204.(上野)小田原(上東・東海道線内アクティー)
205.(上野)熱海(上東・東海道線内アクティー)
206.(東京)小金井(上東・宇都宮線内ラビット)
207.(東京)宇都宮(上東・宇都宮線内ラビット)
208.(東京)黒磯(上東・宇都宮線内ラビット)
209.(東京)籠原(上東・高崎線内アーバン)
210.(東京)高崎(上東・高崎線内アーバン)
211.(東京)新前橋(上東・高崎線内アーバン)
212.(東京)前橋(上東・高崎線内アーバン)
213.(新宿)平塚(湘新・東海道線内快速)
214.(新宿)国府津(湘新・東海道線内快速
215.(新宿)小田原(湘新・東海道線内快速)
216.(新宿)熱海(湘新・東海道線内快速)
217.ラビット 小金井(上東・宇都宮線直通)
218.ラビット 宇都宮(上東・宇都宮線直通)
219.ラビット 黒磯(上東・宇都宮線直通)
220.アーバン 籠原(上東・高崎線直通)
221.アーバン 高崎(上東・高崎線直通)
222.アーバン 新前橋(上東・高崎線直通)
223.アーバン 前橋(上東・高崎線直通)
224.

-*-*-*-*-*-

E531系
E531系は種別・行き先で別れています。

Img_7424
(種別)
00.
01.回送
02.臨時
03.試運転
04.団体
05.普通
06.快速
07.特別快速
08.通勤快速

(行き先)
※水戸線直通=常磐線友部以北~水戸線小山。常磐線直通=その逆。
00.(列車種別表示のみ)
01~11.(空白)
12.小山(水戸線)
13.小山(水戸線直通)
14.下館(水戸線)
15.下館(水戸線直通)
16.岩瀬(水戸線)
17.岩瀬(水戸線直通)
18.笠間(水戸線)
19.笠間(水戸線直通)
20.友部(水戸線)
21.
22.
23.原ノ町(常磐線)
24.原ノ町(常磐線直通)
25.富岡(常磐線)
26.富岡(常磐線直通)
27.久ノ浜(常磐線)
28.久ノ浜(常磐線直通)
29.四ツ倉(常磐線)
30.四ツ倉(常磐線直通)
31.草野(常磐線)
32.草野(常磐線直通)
33.いわき(常磐線)
34.いわき(常磐線直通)
35.大津港(常磐線)
36.大津港(常磐線直通)
37.高萩(常磐線)
38.高萩(常磐線直通)
39.日立(常磐線)
40.日立(常磐線直通)
41.勝田(常磐線)
42.勝田(常磐線直通)
43.水戸(常磐線)
44.水戸(常磐線直通)
45.内原(常磐線)
46.内原(常磐線直通)
47.友部(常磐線)
48.
49.神立(常磐線)
50.
51.土浦(常磐線)
52.
53.佐貫(常磐線)
54.
55.取手(常磐線)
56.
57.我孫子(常磐線)
58.
59.松戸(常磐線)
60.北千住(常磐線)
61.上野(常磐線)
62.
63.広野(常磐線)
64.
65.竜田(常磐線)
66.
(67~88:上東・常磐線直通)
67.原ノ町
68.富岡
69.竜田
70.広野
71.久ノ原
72.四ツ倉
73.草野
74.いわき
75.大津港
76.高萩
77.日立
78.勝田
79.水戸
80.内原
81.友部
82.神立
83.土浦
84.佐貫
85.取手
86.我孫子
87.松戸
88.北千住
89.東京(上東)
90.品川(上東・東海道線直通)
91.
92.品川(東海道線)
93~99:空白

…以上、活字にしてみるとほんと膨大と言えば膨大だわ/(^o^)\
特にE231系やE233系に関しては絶対設定ミスしそうな悪寒が…

気になる点
E233系でこの手の表示をしたときに、下段に次駅(次は○○)や停車駅のスクロール(この電車の停車駅は、○○、○○…○○駅に停まります。)カットインされるとは思いますが、どうなるでしょう…。
(最近試運転しているE231系・E233系の併結試運転時にどういう動きをするのかもさることながら。E231系準拠ならまだいいとして、まさかE233系に併せて次駅表示したり…は流石にないか。)

もう一つ。
以下のケースって凄いキッツキツに表示されそうな気もしますが、果たしてどうなるのやら…。
例:E231系・E233系の対照表No.211.(東京)新前橋(上東・高崎線内アーバン)
…上野東京ライン/高崎線内快速アーバン→<東京経由>新前橋

2015年2月13日 (金)

【上野東京ライン】準備進行中!

なんやかんやで、上野東京ライン開業まで、あと1ヶ月となりました。

Img_7494
△上野~東京間のハンドル訓練は、いつものようにE233系と185系で行われているが、時折E231系マト車で試運転が入ることも。

開業まであと1ヶ月となったところで、E231系やE531系で「駅名対照表(行き先表示の収録内容が記載された、乗務員室にあるアレ)」が、上野東京ライン対応版に差し替えられている編成が登場しています。
貼り付け位置は運転台左側面から、運転台後方の壁面に移動。
そしてその内容も、特にE231系近郊(E233系3000番台)に関してはかなりのボリュームとなりました。

Img_7185_edited1
△E231系近郊に貼り付けられた「駅名対照表」(上野東京ライン対応版)。
そのコマ数は空白含め224個に及ぶ。

東海道線、高崎線、宇都宮線、湘新に加え、今回の上野東京ライン…
そして、二度と使われることがないだろう信越線や御殿場線と、行き先や種別のパターンは多岐に及びます。
E231系・E233系の駅名対照表 追加要素
上野東京ライン関係の表示追加
(表示上の「上野」「東京」がそう。「新宿」は湘新。)
②「○○線内普通」「○○線内快速(無印、アクティーorアーバンorラビット)」表記の追加
高崎線内は快速アーバンだが、東海道線内は普通である(またはその逆)、と言う運用パターンにも対応。)
…しかし、これだけ種類の多い表記。
誤設定とか起きそうな気もしますが…大丈夫なんでしょうか。
-*-*-*-*-*-
一方、E531系。
こちらは至ってシンプルです。

Img_7402_edited1
△E531系の場合。
こちらは単にこれまであった表記に上野東京ライン関係対応の表記類が加わっただけ。

なお、同じE231系でも、常磐快速用のE231系は今のところ未確認です。
(とは云っても、単に「東京」「品川」を入れれば済みそうな気がするが…)

-*-*-*-*-*-

一方、上野東京ラインが通る駅においても、標識類(番線表示、発車標)の更新が進んでいます。

Img_7339_001
△尾久駅の例。
1番線が該当で、白シールの下には上野東京ライン関連の文言が記載されている…が、既に横浜・小田原・熱海方面の文言が…。

品川駅においては、現在の臨時ホームが上野東京ライン開業後は常磐線関連のホームになる模様です(厳密には上野東京ライン北行・常磐線系統専用ホーム)

Img_7603
△現在の品川駅のホーム案内。
シールの下から青緑や青色がはみ出ている。

Img_7571 Img_7595
△9番線・10番線とも常磐線専用のホームだが、9番線はそれ以外に特急(ひたち・ときわ)の文言が見られる。

【上野東京ライン開業後の品川駅】
1番線山手線内回り
2番線山手線外回り
3番線京浜東北線北行
4番線京浜東北線南行
5番線東海道線上り、上野東京ライン北行(高崎・宇都宮線方面)
6番線(閉鎖中※工事中)
7番線(閉鎖中※工事中)
8番線東海道線上り、上野東京ライン北行(高崎・宇都宮線方面)
9番線上野東京ライン北行(常磐線方面)、特急ひたち、ときわ
10番線上野東京ライン北行(常磐線方面)
11番線東海道線下り(上野東京ライン南行)、湘南ライナー
12番線東海道線下り(上野東京ライン南行)
13番線横須賀線上り(総武快速線方面)
14番線横須賀線
15番線横須賀線下り

上野東京ライン開業後、品川駅はより一層賑やかな駅になること間違いなしでしょう。

【おまけ】
Img_7280
△EF65 1102を先頭に、オハネフ25+スシ24+カニ24の3両編成が往く(浦和→赤羽)。
所謂「黒磯訓練」なのかは不明だが。

Img_7324
△尾久着後、機関車が切り離され客車3両のみとなった状態。

205系クハ(ナハ5)とサハ(ハエ29)、廃車配給。

大宮総合車セで留置されていたこの3両。

Img_4099
△クハ205-100+サハ205-82+クハ204-100。クハはナハ5、サハはハエ29のものだった。
まるで模型の車両基地の片隅に置いてるような雰囲気だ(大宮総合車セ※大宮11番から撮影)。

その後どうなるのか気になってましたが、結果的に廃車になる様で、昨日大宮から長野総合車セに向け配給されました。

Img_6778
△武蔵野線から中央線に入り、国立2番へ進入する配給列車。
先頭はおなじみ死神EF64 1032。検査上がりか綺麗な状態である。

Img_6807
△出発信号手前まで移動し、一旦停止。
この後来る豊田行を1本やり過ごしてから出発となった。

Img_6958_edited1  Img_6852  Img_6943
△八王子で発車を待つ配給列車。
機関車と当該3両とはジャンパ線で繋がっているので、クハ205-100のテールライトは通電可能状態である。

Img_6854
△サハ205-82。元ハエ29の4号車で、当該離脱後も長らく川越車セに残っていた。
ジャンパ栓の位置の関係で、今回の配給のために方転されている。

Img_6970  Img_6976_001
△合間、高尾行数本、特急1本をやり過ごす。

そして14:19頃、配給列車は発車となりました。

△発車時の様子(動画:ようつべ。撮影者:私)。

Img_7026
△そして長野への帰らぬ旅路へ。

【おまけ】


Img_7048
ATOS投入の準備が進む横浜線(八王子)。
新しい発車標、SG(出発時機表示器)が設置された駅も。

2015年2月 9日 (月)

2015年版「雪ミク」、降臨。

※ねんどろいどとfigmaでの話です。

さて、2月7日のさっぽろ雪まつり、同8日(昨日)の雪まつりとワンフェス会場で販売された「雪ミク」フィギュア。

昨日、ワンフェス会場で買って参りました。

Img_6474_001
△今年の雪ミクは、ねんどろいど(グッスマ)・figma(MXF)とも「Snow Bell Ver.」としての発売。

順に軽くレビューを。

ねんどろいど雪ミク Snow Bell Ver.
前代(Magical Snow Ver.)から箱形状がガラリと変わり、オシャレな箱になった今年のねんどろ雪ミク。
お菓子の箱」をイメージしたそうです。

Img_6514
△出荷時の状態。冬の北海道の自然をイメージした今年の雪ミク。前年同様「ラビット・ユキネ」も付属する。
3年前発売の「ふわふわコートVer.」以来のクリア素材によるツインテとなっている。

Img_6516
△背中の「ナナカマド」装飾は取り外し可能である。

Img_6555_001
△ケープは着脱可能。
またユキネが持ってた「すずらんのランプ」は雪ミクに持たせることも可能。

Img_6545
△ト音記号の形をした「すずらんの鈴」。これがまたかわいい。

Img_6525_001
葉っぱの傘。葉先のしずくは取り外し可能である。

Img_6579_001  Img_6531
△今年のねんどろ雪ミクは、腕の装着部がボールジョイントになっており、可動域が広くなっている。腕曲げパーツは基本固定用と考えて良い。

Img_6536
△すずらんの台座に腰掛ける雪ミク。
すずらんの内部に鈴が入っており、しゃんしゃんと音が鳴る。安定固定のためアーム使用を推奨する。
(エポックのLW400UVにも支障なく収納可能。)

Img_6571
△同じ座りパーツを持つ前代雪ミクも座らせることが可能。
但し、アームを挿すための穴が無いため、落下に注意

Img_6568
△初代から第6代まで、歴代の雪ミクにお集まりいただいた。

-*-*-*-*-*-

figma雪ミク Snow Bell Ver.
今回のfigma雪ミクはねんどろと同じテーマになっています。

Img_6589
△出荷時の状態。figma雪ミクでは初めてユキネが付属する。
なお、ユキネが持つすずらんのランプは取り外しができないが、先のねんどろ雪ミクのユキネとの互換があり、両方にすずらんのランプを持たせることも実質可能だ。

Img_6595  Img_6599
△すずらんの鈴と葉っぱの傘はfigma雪ミクにも付属する。

Img_6601
△ケープはねんどろ同様着脱可能。頭部を外して着脱する。

Img_6607
△前代の雪ミクと共に。
前代に比べ身長が少し低めなのは気のせいか?

-*-*-*-*-*-

ねんどろいど・figmaとも、雪ミクは2月16日(月)21時まで、グッスマオンラインweb受注受付中です
(7月下旬着予定。注文すると確実に届きます。)

【おまけ】
Img_6578_001
△「雪ミクダヨー!!!」
ねんどろミクダヨーの顔も装着可能だが、ケープは装着できない。

2015年2月 7日 (土)

「ありがとう7600系イベント」に関連して…

今日、東急蒲田駅で開催された

「ありがとう7600系イベント」。

これに関連し、午後から7600系7601F(※最後の1編成)が池上線で運用に就きました。
(実は朝から運用は就いておらず、午後から06ゥで雪が谷大塚から運用に就き、ラストまで運用に就いた。ちなみに1500番台1503Fからの車交。)

Img_4302
△東急蒲田駅で開催された引退記念イベントに絡んでか、午後から池上線で運用に就いた7600系(池上→蓮沼)。

-*-*-*-*-*-

さて、7600系は去年11月から「クラシックスタイル」として、前面・側面の帯(所謂歌舞伎カラー)をすべて解き、7600系として登場した当時の無塗装仕様として運用に就いてました。
最初は何の意図でこのような仕様になったのか非公表でしたが、先日7600系引退の知らせがあり、実質7600系引退に向けた一貫でこの仕様になった、と言っても過言ではありません。

Img_4654

△7661車内妻部左上。かつて7700系7910Fで実施してた「CLASSIC STYLE」の時同様、かつての東急車輌銘板を模して「7600 DEBUT STYLE~CLASSIC STYLE 2~」のステッカーが用意された。
7600系=7200系の前面形状からか、ダイヤモンドのマークが左側に配されている。

実は今回、7600系では微細な変化を見せながら運転されました。
ここではその変化を。

①従来仕様(単にクラシックスタイルなだけ)
Img_4334
△単に帯を取った状態。昨年11月よりこのスタイルで運転されている(蓮沼→池上)。

②運番表示器を旧式に。
Img_4590
△五反田から折返し(池上→蓮沼)。よく見ると…

Img_4595
△運番表示器が過去に使用されていた札タイプに取り替えられている。

「これはもしや…」
そう思い、池上から7600系に乗ってみることに。

Img_4640
△折返し戻ってきた7600系。
7601も運番表示器が旧式になっている。

Img_4685
△運番表示器の裏側はこんな感じ。
従来使用しているLED式の運番表示器の上から掛けられるよう、差し込み式になっている。

-*-*-*-*-*-

大崎広小路を出、終点五反田着前に乗務員さんが行き先表示部分をなにやら弄っている様子が。
もしかして…と思ったら、終点の五反田でその様子がうかがえました。

Img_4690  Img_4693
Img_4694  Img_4700
△(以上4枚)LEDモジュールを奥へずらし、そこに方向幕(カット)を差し込んで、登場時仕様のできあがり(五反田)。

ところが方向幕風になったのは7661のみ
7601はと言うと…

Img_4735_001
△ひとまず7601側は何も弄ることなく、行き先表示はLEDのまま五反田を出発。


③行き先表示を方向幕(風)に
Img_4793
△行き先表示が方向幕時代の状態となり、それこそ登場時のスタイルとなった7601F(石川台→洗足池)。
蒲田着までになのか、蒲田着後なのかは判らないが、その後7601側もこのスタイルになった。

Img_4811
△まるで登場時の姿となった7601F(洗足池
※踏切上から安全を確認の上撮影)。

Img_4874
△折返し(石川台→雪が谷大塚)。
今回の運用(06ゥ)では、この状態で五反田~雪が谷大塚間を走るのが最後となった。

Img_4909
△ラストの雪が谷大塚行(蓮沼→池上)。
特段HMを付ける等はなかった。

Img_4923_001
△池上駅に入線。
お隣には1000系1012Fがお待ちかね。

Img_4924_001
△「平面」な1000系と「ダイヤモンドカット」な7600系。
敢えてこのアングルで撮影。

Img_4944_001
△そして池上で綺麗に顔を並べ…

Img_4956
△それぞれ発車。

-*-*-*-*-*-

今回の運用で東急7600系の運用が終了なのか判りませんが、近く1500番台の増備車と置き換わる形でTOQ iに挟まれる形に恩田に送られる模様です。
(蒲田でイベントをやってた=これで終了なのか、それとも未だ数日運用あるのかは判らないが…)

ちなみに、7600系がベースになった7200系のうち、長らく恩田に残ってた「」ことデヤ7290が、今日未明に恩田を離れ、解体のため陸送されたそうです(Twitter見たまま)。

【おまけ】
Img_4893
△7600系は近く引退となるが、まだまだ数本残る7700系(蓮沼→池上)。
所謂「歌舞伎顔」も2編成健在。今後の進退が気になるところである。

2015年2月 4日 (水)

ナハ5+ナハ6=ケヨM??、出場。

前記事の続きのようなものです。

Img_3238_edited1

さて、昨日の話。
南武線から離脱した205系ナハ5とナハ6。
この2編成を組み合わせて8両に再組成された編成が大宮総合車セから出場。東大宮センター経由で京葉車セへ回送されました。

Img_3256_edited1 Img_3263_edited1

Img_3269_edited1 Img_3274_edited1

Img_3288_edited1 Img_3292_edited1

Img_3299_edited1 Img_3342_edited1
△(以上8枚)今日出場した205系ケヨM??(だって編成番号判らないんだもん…)の全容。

編成はサハ無し中間オールM車、6M2T
もちろんVVVFではなく種車のまま(界磁添加励磁制御)。パンタもナハ5・ナハ6時代のままシングルアームです(209系で使用例はあるが、京葉車セの205系では初のシングルアーム。但しシューは武蔵野線仕様に交換済み…のハズ)。

Img_3284
△モハ204-271はMGが撤去された。

Img_3596_001
△編成札はそのまま。
方向幕関係はまだ交換されていないのか、駅名対照表はナハ6時代のままである。
また、運転台に「停車駅通過防止装置」が搭載されておらず、これらの設置および幕交換は京葉車セへ回着後行われるものと思われる。

Img_3356  Img_3583
△一度奥へ引っ込んだ後(左)、何本か列車をやり過ごして大宮11番に入線(右)。

Img_3615  Img_3627_001
△いったん東大宮センターへ向かい、その後折返し大宮を経由して京葉車セへ回送された。

果たして編成番号は何になりますやら…
(前回述べたとおりM66復活になるか、それともM67になるのか、はたまた…)

【おまけ】
Img_3392_001  Img_3398
△元ナハ5・ナハ6の横を通過するEF66 21牽引の貨物列車。

Img_3446
△大宮10番入線後、発車を待つ。

Img_3543_001_edited1
△時間となり、出発進行。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー