« 【駅名対照表】E231系・松戸車両センター所属車 | トップページ | 昼の「北斗星」 »

2015年3月 9日 (月)

終焉間近の「北斗星」と、ハエ28出場。

Img_1865
△この光景が定期で見られるのもあと1週間弱。

さて、今週末はJR各社(四国を除く)でダイヤ改正。

北陸新幹線延伸部や上野東京ラインの開業、国鉄廣嶋JR西・広島地区では新星227系の営業開始もあれば、「トワイライトエクスプレス」や定期「北斗星」の廃止、新幹線開業による並行在来線の3セク移行など、よりどりみどりの内容となっています。
そんな中、今日は朝から赤羽で、終焉迫る「北斗星」を撮りに。
廃止間近なのか、「北斗星」の通る駅ではファンの姿がちらほらと。
Img_1760
△北斗星通過前に1枚。651系「スワローあかぎ」。
昨年春登場してもうすぐ1年となる。

この数本後、

Img_1858_001
△定期列車としては土曜日に終着駅(上野・札幌)到着分で廃止となる「北斗星」。
今日はEF510-509号機を先頭に、一路終点の上野13番を目指す。

Img_1874
△最後尾のカニ24。
JR発足から1年後の昭和63年に登場したこの「北斗星」。JRで最後のブルートレインとなった。
(番線表示は上東対応のため目隠し多いのは仕様。)

Img_1923
△上野13番で佇むEF510-509号機他「北斗星」。
Img_1941
△待つことしばし。尾久車セへ推進回送。

Img_1884
△その上野駅だが、定期運行最終日である3月13日(上野発)~14日(上野着)は、多くのファンが殺到するであろう事から、入場規制を行うとの告知がされている。

何はともあれ、定期「北斗星」最終運用まであと数日。
トラブルのないことを願うばかりです。

-*-*-*-*-*-

上野で一段落してからは大宮詣。
検査のため入場していたハエ28の様子を伺いに。

Img_1357
△大宮総合車セ入場中のハエ28(3月5日撮影)。
手前の武蔵野線205系は、かつてナハ9(とナハ6のMM'1ユニット)だった8両。この写真を撮った翌日に出場し、ケヨM52になった模様。
ナハ9(とナハ6の2両)も出場したし、そろそろハエ28が出場するんじゃないかな?と思ったら、ハエ28が動いてました。

Img_1959
△出場のためか、大宮総合車セを離れ、一度与野方へ引っ込んだハエ28。

Img_1989_001  Img_2000
△前照灯が点灯、大宮駅方向へ進入するハエ28。しかし、大宮11番へは入線しない。

Img_2017
△大宮12番脇に停車したハエ28。帯が貼り替えられ、綺麗になっている。
回8655Mとして南古谷への発車の時を待つ。

Img_2027
△外幌はそのまま。所々、かつて京浜東北線に在していた様がかいま見れる。

そして暫く後。
ハエ28は発車。南古谷に向けて回送されました。

△発車の様子(ようつべ。撮影者・投稿者:私)。

Img_2085
△川越線方面に進入し、一路南古谷を経由し川越車セへ。

Img_2090  Img_2095
△川越車セへ戻ってきたハエ28(指扇→南古谷※車内から撮影)。

通例だと営業はダイヤ改正日の3月14日からだと思われる。

【おまけ】
Img_2193
△昨秋登場した「キハ38・登場時塗装」風味のキハ110系(高麗川)。
意外とキハ110系列にこの塗色はピッタリ合う気がする。

Img_2258_001
△205系との並び。
しかし…こうやってみるとキハ112が某JR西の105系(和歌山線旧塗装)に見えるのは気のせいか?

Img_2225 Img_2303
△現存する209系では、川越車セ配置の209系3000番台とMue(実質0番台)が唯一の「方向幕車」(左:高麗川 右:金子)。

« 【駅名対照表】E231系・松戸車両センター所属車 | トップページ | 昼の「北斗星」 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/59206517

この記事へのトラックバック一覧です: 終焉間近の「北斗星」と、ハエ28出場。:

« 【駅名対照表】E231系・松戸車両センター所属車 | トップページ | 昼の「北斗星」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー