« 終焉間近の「北斗星」と、ハエ28出場。 | トップページ | ダイヤ改正前日~定期「北斗星」最終と、停車駅変わる快速2題~ »

2015年3月11日 (水)

昼の「北斗星」

JR北海道管内大雪の影響で大幅に遅れ、午後大宮入りした3月10日発の「北斗星」。

赤羽を12:57過ぎに通過し、そのおよそ10分後には上野に到着となりました。

Img_2484
△予定より3時間近く遅く都内入りした「北斗星」(上り2レ。浦和→赤羽)。
冒頭の通り、JR北管内大雪の影響で大幅に遅れたため、午後到着となった。機関車は3月9日の上り2レ同様、後藤さんのカシ釜ことEF510-509号機が担当。

Img_2504
△定期「北斗星」として赤羽を通過するのもあと3回。
定期便としての最終日は上東開業後の話。この目隠しが取れた状態で通過する風景も。

ちなみに、北斗星の運転開始は、青函トンネルが開通した昭和63年。当時、横を走る京浜東北線は103系であった。
その後205系や209系、現在のE233系…と言うように、京浜東北線の車両を4代見てきたことに。

早いもので、定期「北斗星」も残すところあと上下とも3便ずつ。
定期運用廃止後も臨時便として数便予定されており、まだしばらくは「北斗星」を見ることができるでしょう。

【おまけ】
帰りに大宮詣。
大宮総合車セでは205系の入出場が。

Img_2515  Img_2536
△入場は川越車セのハエ83。

Img_2557
△逆に出場はケヨM22。
全般検査だったようで、床下は新車同様ピッカピカになって出場。

Img_2549
△合間、EF64単機をやりすごし…

Img_2569_001  Img_2599
△南越谷(新越谷)で交差する者(左・東武100系)や、かつて東京~品川間で並走した者(右・185系国鉄)同士とをやり過ごし…

Img_2668
△湘新1本やり過ごした後、ようやっと大宮11番に入線するM22。

Img_2691
△回8375Mとなって一旦東大宮センターに送り込まれ、折返し8377Mとして京葉車セへ回送された。

« 終焉間近の「北斗星」と、ハエ28出場。 | トップページ | ダイヤ改正前日~定期「北斗星」最終と、停車駅変わる快速2題~ »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/59229577

この記事へのトラックバック一覧です: 昼の「北斗星」:

« 終焉間近の「北斗星」と、ハエ28出場。 | トップページ | ダイヤ改正前日~定期「北斗星」最終と、停車駅変わる快速2題~ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー