« 【ダイヤ改正】上野東京ライン開業、定期「北斗星」廃止…など。 | トップページ | 活動範囲広がるE233系3000番台 »

2015年3月17日 (火)

浦和電車区改め…

さいたま車両センター

(以下、さいたま車セとする)に変わりました。

Img_5221
今改正からの組織変更により、従来の浦和電車区(検修部門と乗務員配置部門)を部門分けし、乗務員は「さいたま運転区」、検修は「さいたま車両センター」に別れました。

これに伴い、現在さいたま車セ所属のE233系について、所属表記が変わりました。

Img_5013_001 Img_5257
△これまでの「宮ウラ」(左)から、改称に伴い「宮サイ」に改称された(右)。
さいたま車セ=さいたま=サイ…何とも覚えやすい。
(※別名義でWikipediaで使用中。)

Img_5216
△所属表記の差し替えはさいたま車セ入庫時に行われるものと思われる(さいたま車セ※敷地外から)。

Img_5237

E233系最大勢力のさいたま車セ。
全車「宮サイ」化までには結構な時間がかかりそうです(保留車のウラ177含め、総勢830両もいるわけだし…)

ちなみに、今回のさいたま車セ改称に伴い、「車両配置がある電車区」は、JR東の中原電車区(横ナハ)、JR西の福知山電車区(福フチ)、岡山電車区(岡オカ)のみになりました。
他の蒲田・中野・東所沢各電車区は、乗務員の配置のみで車両配置はありません。
また、蒲田電車区は来年「大田運輸区」に改称する予定があることから、JR東管内から「電車区」という文言が消滅するのは時間の問題かも知れません(他の中野と東所沢がどうなるかは判らんが)。


【おまけ】
Img_5174_002
△常磐快速×常磐中電(品川)。
上野東京ライン開業で、これら電車が品川まで顔を出すようになった。

« 【ダイヤ改正】上野東京ライン開業、定期「北斗星」廃止…など。 | トップページ | 活動範囲広がるE233系3000番台 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/59294847

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和電車区改め…:

« 【ダイヤ改正】上野東京ライン開業、定期「北斗星」廃止…など。 | トップページ | 活動範囲広がるE233系3000番台 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー