« ハエ28が往く! | トップページ | ねんどろいど「エルサ」、来臨! »

2015年4月28日 (火)

鉄道博物館に「ムーミン」現る!

Img_4799
△4月12日からの鉄道博物館「ヒストリーゾーン」の車両配置。

かつて転車台にいたC57 135が転車台から離れ、引き替えにEF55 1が展示されるようになった。

今年、開館から8年目を迎える「鉄道博物館」。
長年、転車台で展示されていた「C57 135」に変わり、前述の通り4月12日からムーミン」ことEF55 1が展示されるようになりました。
P1550007
△4月11日までの配置(※2008年10月撮影)。
上写真と比較しても、C57以外に41307の展示位置、DD13 1が居なくなってる点など、変化している点がある。

Img_4976
△転車台に鎮座するEF55 1。戦前に3両だけ製造され、この1号機のみが現存する。
2009年に現役引退後は、保存を前提に高崎で保管。今年、鉄道博物館入りした。

EF55の鉄道博物館入りは2009年頃からあり、それが6年の年月を経てようやっと実現の運びとなりました。
現在は「お召し牽引機」の仕様として展示(日章旗の掲揚と中央部に菊の御紋を配置)されており、転車台回転の際は汽笛吹鳴の実演が行われます。

Img_5013_002
△2階からEF55を望む。独特な流線型のシルエットが特徴のEF55だが、終点到着時に蒸機同様方転を要すことから、不便なところもあったとか。

Img_4946_001  Img_4634
△前後で異なるEF55の正面。
流線型の第1エンド側(左)と、貫通型でキャブのある第2エンド側(右)。

Img_4901  Img_4877
△転車台回転の様子。
回転始め、回転中に数回汽笛吹鳴(実音)がある。

Img_4613
△かつて41307の位置に移動したC57 135。
定期的にEF55と位置を変えて、転車台に乗ることがあるそうな。

EF55が新たに加わった鉄道博物館。
GW期間中に訪れてみてはいかがでしょう?

【おまけ】
Img_4592
△大宮総合車セ入りする115系タカ車(大宮→大宮総合車セ※敷地外から撮影)。

Img_4603
△車体A棟には9線中8線に115系が(107系空気嫁と言うのは無しの方向で)
改正後、長野総合車セ入りできなくなった(※注)新潟の115系を、大宮総合車セで検査することとなったため、俗に言うキムワイプ新潟色の115系も大宮総合車セ構内で見ることができるようになった。

※注:新潟車セ→長野総合車セ入りしようにも、北陸新幹線開業により並行在来線が第3セクター(※しなの鉄道北しなの線、えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン)に移行してしまった影響。
似たようなケースで、青森車セ所属の車両が郡山入出場時に大回りを要している。そのため首都圏(主に武蔵野線や田端操あたり)で盛アオの485系を見ることができる。

« ハエ28が往く! | トップページ | ねんどろいど「エルサ」、来臨! »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/59800157

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館に「ムーミン」現る!:

« ハエ28が往く! | トップページ | ねんどろいど「エルサ」、来臨! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー