« 205系ナハ40、国府津へ。 | トップページ | 「ねんどろいどこ~で」登場! »

2015年6月24日 (水)

115系ニイS2、大宮入場。

新潟ローカル115系の検査を受け持つことになった大宮総合車セ。

月に数本のペースで入場・出場が行われています。

そんな今日、ニイS2(2両編成)が大宮入りしました。

Img_3555 Img_3568
△大宮入りする115系ニイS2(大宮11番から)。
いつものように死神EF64(1030号機)に牽引されての大宮入りである。

Img_3573
△大宮総合車セで検査するようになり、もう見慣れた「キムワイプ新潟色の115系×大宮駅」の組み合わせ。

Img_3655 Img_3678
△いったん宮原方に引っ込んだ後、EF64と切り離され、入れ替わるように入れ換え機と連結し入場線へ向かうS2。
JR西にも形態は違えど、115系には2両組成も存在するが、その大半は中間車を先頭車に改造したグループである。

Img_3703
△長岡へ帰るのか、構内を入れ換えするEF64。

Img_3776  Img_3789
△暫く後、S2は入場線手前まで入れ換えられ、一旦ここで入れ換え機は切り離された。

Img_3796  Img_3838_001
△入れ換え機は一旦6番ピットにいる189系M51を、試運転線へ送り込むため移動。

Img_3933  Img_3983_001
△M51の入れ換えが終わり、再びS2のいる場所へ戻る。

Img_4042_001
△そして連結が終わり、入出場線へ送り込まれた。

【一方、大宮総合車セでは?】
今回のS2の他に数本115系が入場中ですが、出場間近なもので…

Img_3650
△出場前の整備か、高崎の115系と新潟の115系(L13)の姿が確認できた。
高崎の115系の行き先表示が「修学旅行」になってるという。

また、浦和方では185系が編成をバラされて留置中でした。

Img_3510 Img_3537
△廃車前提の留置なのか、前回のOM07同様4両と中間6両にバラされた185系オオA2。
国鉄色へのリバイバルが進んでおり、逆に貴重な存在となってしまった「踊り子リニューア」塗装である。
なお4両組成のモハ185-7のパンタグラフは撤去されており、近く長野へ廃車前提の配給がなされるものと思われる。

【おまけ】
Img_3624  Img_3645_001
△大宮4番に入線し、その後中原電車区へ回送された205系ナハ7。
運用離脱してから結構経つが、疎開先~中原区~新たな疎開先への回送がしばしば見られる。

Img_3801 Img_3806
△東芝府中から五稜郭へ出荷輸送中のEH800-11(大宮10番)。
気づけば試作機含めて12両目となるEH800。青函トンネルの貨物輸送を担うマンモス機だ。

« 205系ナハ40、国府津へ。 | トップページ | 「ねんどろいどこ~で」登場! »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/60502540

この記事へのトラックバック一覧です: 115系ニイS2、大宮入場。:

« 205系ナハ40、国府津へ。 | トップページ | 「ねんどろいどこ~で」登場! »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー