« 鶴見線営業所公開(2015年)。 | トップページ | 東武ファンフェスタ(2015年) »

2015年12月 5日 (土)

205系ナハ39の話。

Img_8614
△引退近い205系ナハ39(中原電車区→武蔵中原※12月4日撮影)。

朝通帯に25F運用に就き、中原区で一休みの後夕通帯から再度運用に入った。

現在2編成のみとなった中原区(南武線)の205系。
そのうち、ナハ39ではHM掲出とは別に車内でこんなことが。

Img_8632
△車内中吊りに掲出された、沿線幼稚園・保育園児による「塗り絵」。

前に上げた記事後半にもあるように、現在このナハ39を使用して、12月6日()まで、沿線の幼稚園・保育園児による絵や塗り絵を掲出、これらはナハ39撤退→インドネシア譲渡の際に、KRLジャボデタベックへプレゼントする運びとなるそうです。

12月をもって205系のインドネシア譲渡が終わることから、今月中にナハ39は撤退。
国府津経由で新津に配給され、新津港から遠路インドネシアへ輸出されます。

Img_8732
△闇夜に浮かぶ205系のシルエット(川崎→尻手)。
南武線における、前照灯が下側に来る電車はナハ39撤退後209系(ナハ53)のみになる。

Img_8762
△発車を待つナハ39(登戸)。
山手線時代から通算して30年の活躍も間もなく終止符が打たれる。

Img_8751
△まだナハ46がいるが、南武線での「方向幕車」が見られるのもあとわずかの話。
ナハ46は前面がLED、側面が幕車ではあるが、ナハ46撤退と同時に、中原区所属の車両はオールLED式行き先表示車となる。

Img_9124  Img_9129

Img_9175
△今日撮影分(尻手)。
引退目前、かつ土曜日と言うこともあるのか、沿線や各駅では多くのファンの姿が見られた。

車内の特別掲出は明日12月6日まで
それがこのナハ39最後の日なのかは判りませんが…

※205系ナハ39の運用、及び配給時期など、JR東日本(横浜支社、八王子支社)等の現業企業への問い合わせはご遠慮下さい。
また、明日(12月6日)にもナハ39は運用に就くと思われますが、沿線や駅で撮影される方はマナーを守り、特に駅構内で撮影される際は駅員の指示に従いましょう。


【おまけ】
Img_8825
△通常運用ではあり得ない「快速稲城長沼」行(登戸)。
所定では快速|立川行なのだが、当日、武蔵溝ノ口付近で踏切安全確認があった関係でダイヤが乱れ、稲城長沼~立川間が運休となったため、こうなった。

« 鶴見線営業所公開(2015年)。 | トップページ | 東武ファンフェスタ(2015年) »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/62831073

この記事へのトラックバック一覧です: 205系ナハ39の話。:

« 鶴見線営業所公開(2015年)。 | トップページ | 東武ファンフェスタ(2015年) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー