« EH500-49号機、大宮出場。 | トップページ | E353系、試運転中! »

2016年1月12日 (火)

205系ナハ46、国府津疎開。

1月9日にラストランを終えた、南武線最後の205系であるナハ46。

今日(1月12日)、近く行われる廃車配給のため、中原電車区を離れ国府津車セへ回送されました。
Img_6953
△ラストラン以降13番線に収容されていたナハ46は、今日5番線に移動された(中原電車区※以下、中原電車区撮影分は敷地外から撮影)。
現在の主力であるE233系と顔を並べる。

Img_6987
△中原区での最後のひとときを過ごすナハ46。
この時点で、今日もしくは明日にでも疎開だろうと思っていた。

Img_6996
△平成元年に新製車が配置され、その後山手線からの転属車、さらには今回のナハ46のように先頭車化された編成がやって来たりと、205系だけでも様々なラインナップが見られたが、それもE233系の登場により今回のナハ46だけが残った。

武蔵中原駅へ戻ってみると…

Img_7014
△2番線の発車標に「回送」の文字が。
これはもしかして…

…そう、その「もしかして」でした。


Img_7036
△15時を少し回ったあたり、ナハ46が姿を見せた。

Img_7065 Img_7080
△中原電車区から延びる坂を登り、武蔵中原2番線へ入線するナハ46。
実質、南武線(武蔵中原→尻手→(南武支線)→浜川崎)最後の自走となる。

Img_7116
△発車を待つナハ46(武蔵中原)。
営業運転でもなく、始発電車の送り込みでもない。国府津への回送電車である。

Img_7099  Img_7096
△クハ204-1201とモハ204-93は一部座席が撤去され、なにやら荷物を搭載している。
広告類やドア広告のステッカーはすべて撤去され、唯一「ドアから手を離してお待ち下さい」的なステッカーが残った。

Img_7127
△中線出発信号が進行現示となり…

Img_7138
△ナハ46は最後の旅路へ。
まずは一路尻手経由で浜川崎へ。

Img_7161 Img_7167
△浜川崎から折返し、今度は東海道貨物を下る(川崎新町→八丁畷)。

Img_7172
△そして八丁畷に別れを告げ、ナハ46は東海道貨物を鶴見方面へ針路を取る。

その後ナハ46は国府津に到着し、国府津車セへ入庫したようです。
後日廃車配給の準備(パンタグラフ撤去など)がなされ、死神EF64牽引の下長野総合車セへ配給される運びとなる模様です。
(インドネシアへの車輌譲渡は全行程終わっており、また先頭車改造組は譲渡の対象外のため、長野に送られ廃車、解体される。)

長野着後、車籍が抜かれた時点で、205系1200番台(クハ205・204-1200)は廃区分番台(=全滅)となります。
※先頭車改造組はまだ、1000番台(※注)、1100番台、3000番台、3100番台が残っている。

※205系ナハ46の配給時期など、JR東日本等への問い合わせはご遠慮下さい。

※注:云うまでもないが、JR西の1000番台とは全く関係ない。
(JR東はクモハのみ、JR西はクハとモハ。番号重複もない。)

« EH500-49号機、大宮出場。 | トップページ | E353系、試運転中! »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/63441273

この記事へのトラックバック一覧です: 205系ナハ46、国府津疎開。:

« EH500-49号機、大宮出場。 | トップページ | E353系、試運転中! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー