« 「ヘリウィーゴ」、登場!! | トップページ | 三浦の河津桜と「台鐵」なブルスカの話。 »

2016年2月21日 (日)

終焉間際の「カシオペア」を撮る。

北海道新幹線の開業により、3月19日~21日の運転を持って終了となる「カシオペア」。

最終便(上野>3月19日 札幌>3月20日発)のチケットは即完売。そして運用終了後は6月以降にツアー専用として運転が決まっています(札幌にも行くそうだが…機関車どうするんだろ?)。

最終運用まであと1ヶ月切ったこともあり、沿線各地ではファンがその勇姿を撮る姿が目立つようになりました。


Img_1575
△札幌から戻り、再び札幌へ発つために準備中のE26系「カシオペア」(尾久車セ※尾久駅から撮影)。
JR発足後に登場した客車では、唯一の新造客車でもある。

Img_1594
△東京スカイツリーを背に…。

Img_2034 Img_2038
△程なくして、上野から一路札幌をめざす「カシオペア」(赤羽→浦和)。
今日(2月21日)の先頭はEF510-510。カシオペア指定機である。
(2枚目>左端のE233系空気嫁と言うのは無しの方向で)

臨時列車ではあるが、唯一残った上野発の寝台特急「カシオペア」。
運用終了後のツアー専用としての運用は決まったとは言え、来年度予定の「TRAIN SUITE 四季島」登場でその後の進退が気になるところです。
(このまま廃車となるのか、四季島の予備的な意味で残るのか…)

ところで機関車どうするんでしょ?
やっぱりJR貨物からEH800借りて青函トンネル越える…のかな?
(北海道新幹線開業後、青函トンネルの架線電圧がAC25000Vに昇圧するため)

※「カシオペア」運用終了後のツアー専用としての運用について、JR東日本、JR北海道等現業企業への問い合わせはご遠慮下さい。
「カシオペア」運用終了前と言うこともあり、撮影される方も多くいらっしゃるとは思いますが、撮影はマナーを守り、周囲に迷惑を掛けないように気をつけましょう。

【おまけ】
Img_1588
△上東開業後、日常風景ともなった185系(踊り子)東京着後の回送列車(尾久)。

Img_1970
△EH500-1単機(赤羽→浦和)。
普段湘新を貨物列車の先頭として走るが、単機で走る様は何故かもの寂しげ。

Img_2000
△E233系×E233系(赤羽→浦和)。
運用によってはこのような並びも見られる(但し、編成の後ろはE231系と言うこともしばしば)。


Img_2050
△大宮総合車セで佇む115系L99(大宮11番から)。
新潟の115系が大宮総合車セ入りするときに、伴車としてやってくるこのL99。長野色ではあるが新潟車セの車輌である。

Img_2072
△近く行われる区間急行運用(※大宮~春日部のみ)に合わせてか、野田線の8000系(幕車)に、側面幕を替えた編成が登場している(改正前までなのか、前面は種別表示はいつもどおり無し)。
行き先表示も、英字表記付きのものに更新されている。

« 「ヘリウィーゴ」、登場!! | トップページ | 三浦の河津桜と「台鐵」なブルスカの話。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/64077362

この記事へのトラックバック一覧です: 終焉間際の「カシオペア」を撮る。:

« 「ヘリウィーゴ」、登場!! | トップページ | 三浦の河津桜と「台鐵」なブルスカの話。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー