« E235系東海道貨物線試運転、再び… | トップページ | 終焉間際の「カシオペア」を撮る。 »

2016年2月21日 (日)

「ヘリウィーゴ」、登場!!

Img_2338_2
△「ハジメマシテ…」

今日、先日発売となったこちらを買ってきました。

Img_2393

35メカトロウィーゴ(千値練)の最新作

てすとへりこぷたー

千値練発のウィーゴでは初となる、拡張ユニット(ヘリユニット)が付属となったウィーゴです。

Img_2213
△付属するウィーゴ「てすと」。
ホワイトボディにパープルのフレーム、そして「チューブ1号」タイプのハンドパーツとなっている。

Img_2219
△ハンドパーツが大きく異なるのも、「てすと」の特徴。もちろん可動式である。
(左が千値練ウィーゴ標準のハンドパーツ。)

Img_2229
△ヘリユニットの概要。
出荷時はこのように本体、ペラ(プロペラ)、アームに別れている。

Img_2232
△ヘリユニット装着時、背部パーツを取り外してから取り付ける。

Img_2233
△「ペラ ツケマース!」

Img_2383
△ヘリユニットを装着し、「ヘリウィーゴ」の完成!

Img_2412  Img_2415

Img_2410
△飛行姿勢にするならば、背部のカバーを外し、そこに専用のアームを付ける。
なお、この状態ではケース収納ができなくなるので要注意。

Img_2407
△「オチチャウカラ、アバレナイデネ!」
「ワーイ!!タカーイ!!」
タイニーウィーゴ(「みんなのメカトロウィーゴ」付属)もこのようにホールドオン可能である。

Img_2422  Img_2389
△千値練発売のウィーゴであれば、基本無加工で取り付けが可能である。
(左:「くみたて式2」に塗装などを施したもの(詳細後述) 右:「すーぱー」に、「きみどりDX」の装備を付けたもの)
先月発売の「DXシリーズ(みずいろ、きみどり、おれんじ)」の、帽子をかぶせた状態でもヘリユニットを取り付けが可能である。

Img_2434
△ハセガワ発売のウィーゴ(組み立てキット。写真で云えば右側のウィーゴ)は、そのままの状態では装着不可である。
装着させるには千値練版ウィーゴ背部に従い削るなど、要所で加工が必要である。

【おまけ】…と言うか、冒頭のこれ
Img_2338_3

せっかくのヘリウィーゴ。
飛んでるように見せたい!と思い、こんな風に組んで撮ってみました。

Img_2346
△その裏側。
千値練ウィーゴのケースを2つ使い、ヘリウィーゴの台座をマステで固定。
安定させるためアサヒペンの金属磨き缶を置いてみた。

Img_2347
△ヘリのように空高く飛んでいる様。
手で押さえていない状態ではケース2つが限界のようだ。

ちなみにプロペラはすべて手で回しています
ペラの回転が止まる前にシャッターを切ったのですが…タイミングまじ難しかったです(´・ω・`)

そう。
ワンフェス会場で買ってきた「くみたて式2ウィーゴ」は、組み立ててこんな感じになりました。

Img_0429 Img_0430
△組み立てたウィーゴ「しるばー」。
メタルパーツはすべてアサヒペンの金属磨きで研磨。プラパーツはアルミシルバーとセミグロスブラックで塗装。要所(主に背部)にハセガワのデカールを貼り付けている。

Img_0402 Img_0423
△せっかくなので暗所で撮影してみた。

« E235系東海道貨物線試運転、再び… | トップページ | 終焉間際の「カシオペア」を撮る。 »

ホビー/フィギュア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/64076899

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘリウィーゴ」、登場!!:

« E235系東海道貨物線試運転、再び… | トップページ | 終焉間際の「カシオペア」を撮る。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー