« E233系による「準急」登場!? | トップページ | 「桜×京急」…杉田~京急富岡にて。 »

2016年3月31日 (木)

東急1017F、営業開始。

かつて池上線や目蒲線などで走ってた3450形の塗色を纏った、東急1000系1017F。

3月28日より営業開始となりました。

Img_4610_001
△五反田からやって来た1017F(蓮沼→蒲田)。
3450形が当時纏っていたカラーをラッピングで忠実に再現されている。

Img_4646
△おそらくこの色の車輌をリアルタイムで見ているのは、左の7700系では無かろうか(蒲田)。

Img_4616 Img_1389
△1017F車内(比較という意味で、右は1500番台の車内)。
1500番台同様木目柄ではあるが、1017Fの方が濃いめとなっている。座席も茶系のシートとなっている。

Img_4627
△つり革はすべて木製となっている。

Img_4655
△妻面の形式表記も1500番台と同じ体裁となっており、下に「2016 東急テクノシステム」とある。
今回の車内内装の改装を東急テクノが行った、と言う意味と捉えても良い。

Img_4623
△最近1000系で実施されている、ドア上のLED式案内装置設置工事をこの編成でも実施されているが、現在は使用されておらずご覧のように封印された状態となっている。

Img_4621
△1017Fから実施された、車内防犯カメラの設置
東急電鉄では2020年までに、東急所有の全車両に対し防犯カメラを車内に2カ所設置する。今回の1017Fがその初陣となった。

【沿線スナップ】
各地で1017Fを撮ってきました。

Img_4724  Img_4728
△荏原中延→旗の台。

Img_4813
△洗足池→石川台。

Img_4920_001  Img_4924_001
△御嶽山→久が原。

Img_4970
△千鳥町→久が原。沿線の桜と共に。

Img_5018
△ラストは池上→蓮沼。駅出てすぐのカーブで。

-*-*-*-


Img_4620
△今回のラッピングの由縁がこれなのかは判らないが、車内では「木になるリニューアル」の中吊りが掲出されている。
池上線戸越銀座駅が今夏リニューアルすることから、今回のラッピングになったのか、それとも別の理由なのか、真相はまだまだわからない。

※東急1017Fの運行予定について、東急電鉄などへの問い合わせはご遠慮下さい。
(東急1017Fは、池上線や東急多摩川線で運転されています。)

【おまけ】
Img_4773
△東急1000系で唯一車輌中央に貫通扉を設ける1013F(石川台→洗足池)。
雪が谷検車区所属の1000系では唯一スカートを着けていない編成でもある。

« E233系による「準急」登場!? | トップページ | 「桜×京急」…杉田~京急富岡にて。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/64746354

この記事へのトラックバック一覧です: 東急1017F、営業開始。:

« E233系による「準急」登場!? | トップページ | 「桜×京急」…杉田~京急富岡にて。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー