« 京急N1000形1800番台登場! | トップページ | 開業間近!「小田栄」駅。 »

2016年3月 6日 (日)

京急1800番台デビュー記念乗車券発売!

※前回の記事の続きのようなものです。

さて、昨日の話。

金沢文庫駅限定ですがこちらが発売されました。

Img_7081

京急の新星「新1000形1800番台」(以下1800番台とする)。
そのデビューを記念して発売された記念乗車券です。

Img_7082
△一枚開けると、貫通扉を開けた1801の姿が。
その左横には床下機器配置図や形式図、主要諸元が記載されている。

Img_7088
△更に右を1枚目来ると、1800番台誕生の告知と共に、乗車券4枚が入っている。
金沢文庫から合計2,000円分(大人運賃で280円、490円、570円、660円)の運賃となっている。

Img_7095
△表紙はこのように貫通扉が開くギミックが付いている。
(本当は内側に開くのが正しいのだが、そこはご愛敬と言うことで。)

…ちなみに3月27日の招待券は入ってませんでした(´・ω・`)
(2,000枚の内150枚…そら高倍率や。)


【買いに行ったがてら】
せっかく文庫に来たことだし、沿線で撮り鉄でも。

Img_5900
△その行きしな。
金沢文庫の電留線では1805編成がスタンバイ。
このあと後述の特急(前4両増結)で運用に入った。

Img_5965
△能見台→金沢文庫のカーブで。
まずは1105編成の快特。付属4両がやけに床下や屋根が綺麗だが…もしかして…

Img_5968  Img_5972
△その「もしかして」だった。1801編成が付属4両で繋がっていた。
このあと1801編成は金沢検車区へ入庫となった。

Img_6056
△それからしばらくして、先ほど留置していた1805編成が増結された特急が、一路品川をめざす。
(運用に就いたことを教えて下さった方、ありがとうございました。)

Img_6059 Img_6061
△(左)ラッピングがN1000形AL車や600形、2100形と同じ形態になっているのが判る。
(右)後ろは1707編成。前4両は品川で切り離され、この編成は青砥へ向かう。

Img_6542
△その後1805編成は1161編成と連結し、品川から12連快特として運用に就く。

Img_6553_001
△1805編成を後ろから。
この編成も金沢文庫で切り離されたあと、金沢検車区入りした。

Img_6610
△金沢検車区5番へ入庫した1805編成(敷地外から撮影)。
横に並ぶ600形(651編成)と比べ、顔が平面になっているのがよくわかる。

【撮影がてら】

Img_6007
キャーダルマサーン800形。
京急で唯一残る4扉・片開き。徐々にその数を減らしている。

Img_6166
△今月いっぱいまで運転される台湾奴ブルスカ。
やはりいつ見てもスカートが目立つ。

Img_6216
△2011編成。
2000形8連は、日中は主に士急行で使われる。

Img_6983 Img_6964
△東芝奴2態(左:1405編成、右:1367編成)。
片や改造により制御装置を交換したもの、片や新造時から東芝製IGBT(PMSM)を搭載したもの。

Img_6975
△3月3日の車両故障発生以来、運用から外れた2061編成(金沢文庫)。
検車区から電留線に移動となったが、この先どうなったのやら…。

※京急1800番台のデビュー記念乗車券は、発売日当日で完売となっています。あしからずご了承下さい。
※京急1800番台の運用について、京浜急行電鉄や1号線関係の直通社局への問い合わせはご遠慮下さい。

« 京急N1000形1800番台登場! | トップページ | 開業間近!「小田栄」駅。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/64302127

この記事へのトラックバック一覧です: 京急1800番台デビュー記念乗車券発売!:

« 京急N1000形1800番台登場! | トップページ | 開業間近!「小田栄」駅。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー