« 完成間近!?東急1017F「3450形風味」。 | トップページ | カシオペア、ひとまずラストラン。 »

2016年3月20日 (日)

【写真追加あり】小田急4000形、ダイヤ改正を前に…

常磐緩行のE233系で行き先表示のROM更新がなされましたが、小田急4000形においてもROM更新が実施されていました。

Img_0196
△行き先表示のROMが更新された小田急4000形(北千住)。

もちろんJR乗り入れ改造実施済み(列車無線の増設、防護無線追加など)である。

Img_0197
△ROM更新により、行き先表示は英字併記となった。
運番表示は白色LED、行き先表示はフルカラーLEDを使用しているせいか、同じ白であるが色合いが微妙に異なるのが判る。

Img_2164  Img_2200_001
△種別入り(急行多摩急行など)に関しても、英字併記となっている(登戸)。
これら表記は小田急線内のみ(直通系は千代田線小田急線内)の表示と思われる(常磐線内や、代々木上原~千代田線・常磐線は各停のみ…でいいはず)。
ダイヤ改正後、千代田線では日中「急行」表示が見られる機会が多くなる(※注)であろう。
(そしてE233系においても、「急行」表示が見られる結果に。)

Img_3985
△ROM更新前(五月台→新百合ヶ丘。昨年10月29日撮影)。
更新前は日本語・英語交互表示であった(但し回送など種別のみの場合は日英表示)。

Img_2209  Img_2174
△ROM更新後(登戸。3月23日撮影)。
光の加減で種別表示の文字が潰れてしまった(左>多摩急行)が、行き先に英字が併記されたことで印象が変わったことが判る。


今週末(3月26日)の改正から、JR線への乗り入れが開始となる小田急4000形。
常磐線内での表示体型はどうなるのか不明ですが、E233系マト車やメトロ16000系に合わせるのであれば、緑色の各停表示が見られそうですが…果たしてどうなりますやら。

Img_0218
△前面はROM更新となったが、側面は相変わらず「行(For)」抜きである。

なお、駅名対照表はないため、表示の内容確認はできませんでした。
(順当にJR線内の行き先表示追加、JR用種別(各停のみ)の追加と思われる。)


Img_0202
△ドア上のLCDは各線に合わせた仕様となっており、千代田線内はメトロ仕様となっている。
但し、IPコアはセサミクロではないので、アニメーションは一切無し

Img_8519
△メトロではメトロの体裁となったが、JRはやはりこんな感じになるのか、それとも…
(写真はE233系マト車のもの。ちなみにE233系の場合はメトロ線内もこの体裁である。)

【おまけ】
優先席ルール変更によるLCDの表示変更。
各線にも波及しているようで。

Img_0288_001  Img_0290
△E233系(0番台)の場合。
基本的にフォーマットは先日上げた2000番台や8000番台と同じであるが、「優先席を必要とされるお客さまが…」や「マナーモードに設定の上…」の文言が大きく表記されている。

Img_0102  Img_0103
△1000番台も基本的に0番台と同じ体裁である。

なお、6000番台(ハマ線用)は2000番台や8000番台と同じ体裁でした。


(追記@160322)一方、7000番台は…

Img_1332
△優先席に関しては0番台や1000番台同様。下の文言はやや大きめに表示される。
(セサミクロ採用車であるが、これに関してはアニメーション表現は無し。)

Img_1334
△携帯マナーについては左のイラスト(上からフェードインしながら表示)→右の文言(フェードイン)の順に表示される。

-*-*-*-

※注:3月26日ダイヤ改正より、多摩急行は朝夕のみ、日中の千代田線からの列車はすべて急行(唐木田発着)になる。

« 完成間近!?東急1017F「3450形風味」。 | トップページ | カシオペア、ひとまずラストラン。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/64556881

この記事へのトラックバック一覧です: 【写真追加あり】小田急4000形、ダイヤ改正を前に…:

« 完成間近!?東急1017F「3450形風味」。 | トップページ | カシオペア、ひとまずラストラン。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

カテゴリー