« E233系マト車、小田急乗り入れを前に… | トップページ | 完成間近!?東急1017F「3450形風味」。 »

2016年3月16日 (水)

東急5000系6扉車、廃車輸送。

新造時から社名が変わってはいます(東急車輌→J-TREC/総合車両製作所)が、実質「里帰り」になるんでしょうけれど、名目上「廃車」の為のJ-TREC送りです。

さて、東急では5000系に組み込まれた6扉車(サハ5400,5500,5800)を4扉車(番号同じ)への置き換えが進んでおり、外された6扉車はJ-TRECへ返品甲種輸送されています。

既に5117Fと5120Fで使用された6扉車がJ-TRECに送られ、今日は5115Fと5116Fに組まれた6扉車が廃車名目でJ-TRECへ送られました。

Img_8899
△DE10 1576を先頭に一路逗子をめざす、東急5000系の6扉車6両(鶴見→東高島※生麦駅から撮影)。
よく見ると2両だけ扉が外され、板らしきものが嵌められているのがわかる。

Img_8903 
扉の変わりに板が嵌められた5816。
今回輸送された編成の内、5816と5516がこんな状態で輸送されている。

Img_8964
△反対側もこの通り扉が外されている(本郷台→大船)。

Img_8975
△徐々に加速しながら大船駅へ入線する甲種輸送列車。
根岸線はD-ATCと、バックアップでATS-P(F)を搭載しており、貨物列車も通れる仕様となっている。

Img_8987
△妻部はいつも通り窓付きの鉄板で塞がれている。

Img_9022
△輸送を終え、池子弾薬庫線跡でJ-TRECからのお迎えを待つ(神武寺~新逗子)。

Img_9000  Img_9004
△5816(左)と5516(右)。この2両は5116F新造時から組まれたもので、新造4扉車が2代目となる。
前述の通り、この2両だけ扉が外されている。外された扉の代わりに段ボールで蓋がされている。

Img_9003
△5416。こちらは5104Fの4扉化により外された5804が組まれ、改番された2代目である。
現在の5416は3代目となる。こちらは扉が外されていない。

Img_9009
△5815-5415-5515。こちらは全く手が付けられていない。
こちらも5815と5515は新造時からのもので現在は2代目が、5415は5104Fの4扉化により外された5504が組まれ改番されたもの。故に5415だけ現在のは3代目となる。

-*-*-*-

廃車なら何でわざわざJ-TRECへ?解体するなら恩田で事済むんじゃないの?
…とも思われる今回の甲種輸送(便宜上廃車回送なのだが、J-TRECへ持って行く関係で甲種輸送のスジが組まれたため、一応は甲種輸送扱い)ですが、これは現在製造中の置き換え用サハへ床下機器や台車、空調設備をリユースするためのものと思われます。
同じ事はE231系500番台のときにも見られ、こちらも長野総合車セで6扉車解体の際に再利用可能な機器をすべて4扉サハ(600番台と4600番台)へリユースされています(最初に新造された編成を除く)。

扉を外しているところから、この外した扉(24組48枚)は今後製造されるサハ3両(1両8組16枚。3両で丁度24組48枚)にリユースされるものと思われますが、実際はどうなんでしょ。
(扉の取り外しは長津田検車区でやって、今回輸送された編成に積み込まれていると思いますが、もしかすると予備部品として外して恩田でストックしてる可能性も?)

Img_9040_001
△扉のない5816と、扉が残った5416。
ふさぎ板は紐で、車内側からしっかり固定されている。

今回輸送された編成は、未明にDLと7200系に挟まれてJ-TREC入りし、あらかた部品を外したところで車体をBトレ化半分にして解体場へ送られると思われます。

東急5000系のオール4扉化は2017年までに完了する予定です。
(現状)
・オール4扉…5101F(元から4ドア)、5102F、5103F、5115F~5117F、5120F 計7編成
・6扉車混在…それ以外(5104~5114F) 計11編成
※太字赤文字…新造車と置き換えられた編成。


※東急5000系の車両置き換え予定について、東急電鉄、総合車両製作所への問い合わせはご遠慮下さい。

【おまけ】
せっかく神武寺に来たことだし、文庫~八景で。

Img_9169  Img_9333
△台湾奴(左)とキャーダルマサーン800形(右)。
Img_9098  Img_9190

Img_9204

Img_9494  Img_9664
△(以上5枚)1800番台。営業開始から当面の間は、朝通帯時は快特や特急の増結、日中は士急行の運用が主(平日は93行路に当たることが多い気もするが…)
京急HPによると、1800番台の運用について問い合わせが多いことから、期間限定で1800番台の運用について電話での問い合わせを受け付けているとのこと。
(3月9日~5月8日まで。翌日分の運用は前日の14時以降にお問い合わせを。)

Img_9506
△幌は依然取り付けられていない。
これも期間限定と思われるが、やがて快特で8両編成として組むときは、この間に幌が付けられ貫通編成として使われるのか、それとも…

【余談】
J-TRECでは、都営10-300形増備車(10-550編成※10両)が製造中で、今日の段階では通電テスト(車内内装や行き先表示、灯具類のテスト?)が行われていました。
ただ…外からチラ見する限りでは、台車が本台車(T-10B~D)ではなく仮台車だったという…。
※J-TREC構内撮影禁止のため、写真はありません。あしからず。

« E233系マト車、小田急乗り入れを前に… | トップページ | 完成間近!?東急1017F「3450形風味」。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/64487676

この記事へのトラックバック一覧です: 東急5000系6扉車、廃車輸送。:

« E233系マト車、小田急乗り入れを前に… | トップページ | 完成間近!?東急1017F「3450形風味」。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー