« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月17日 (木)

京急1600番台、装い新たに復活!?

登場と云うよりは「復活」した番台(※注)なので、こっちにしました。

さて、昨日より京急N1000形の新番台「1600番台(以下、例外無い限り1600番台とする)」が営業開始となりました。

N1000形登場から来年で15年、ステンレス車登場から同じく来年で10年を迎え、今回登場の編成は「16次車」の扱いとなります。

Img_9204_001 Img_9210
△多摩川橋梁を渡り、都内へ入線した1600番台(六郷土手)。

銀千の新たなバリエーション「1600番台」である。

基本的な仕様は銀千6V(1367編成の制御装置を除く)と同じですが、変更点がいくつか。

Img_9214
△外見で大きく変わったのが側面のラッピングである。
制御装置は再び東洋電機製に戻っている。

側面のラッピングはこれまでの銀千とは大きく異なり、今春登場の1800番台と同じカラーリング(N1000形AL車や600形、2100形と同じ)になりました。

Img_2382 Img_9610
△比較(左:1367、右:1601)。
1800番台と同じデザインを踏襲しており、同じ銀千でも側面デザインが変わることで見た目も大きく変わってくる。

Img_9456_001 Img_9514
△正面(京急鶴見→花月園前)。
デザインは既存6Vと同じだが、前照灯がLED式に変更となっている。
また、2号車(M1u)のパンタグラフが1基増設され2基になっている。

Img_9224
△前照灯の灯具が変わったのが一番判るのが、最後部に回ったときではなかろうか(六郷土手→雑色)。

Img_9571
△車外形状でもう一つ変化があるのが、この車外スピーカーの設置である。
京急では、基本的に車掌さんが使うワイヤレスマイクを用いて、駅構内放送(品川や横浜と言った大規模な駅を除く)を行うが、今後それに打って変わるのか、はたまた別の用途で使われるのか、そこはまだ不明な要素だ。

Img_9559 Img_9535
△車内では、座席に仕切り板がついた新デザインのものとなっている。
最近主流のバケットシートではあるが、座り心地は良い。

Img_9564 Img_9521
△妻部には、片側だけではあるがボックスシートが復活している(青シートは優先席)。
ドア側には補助椅子も付いている。

Img_9525_001
△ボックスシートの窓下部には、京急では初となるACコンセント(AC100V、最大5Aまで使用可能)が2個備わっている。これで携帯電話やスマホ、PCの電源が供給できる。
(譲り合って使いましょう。また、混雑時、優先席では携帯電話・スマホの電源はお切り下さい。)

Img_9561
△車内照明はLED式。ドアは黄色いラインが予め印刷されたものとなっている。
そしてドア上のLCDは千鳥配置で1画面と2画面のものに別れている。

Img_9518_001 Img_9516
△LCDは1画面タイプ(左)と2画面タイプ(右)が、それぞれ交互に配置されている。
2画面タイプは表示内容こそ同じだが、中国語と韓国語のみの表示となる(下2/3部分は優先席の案内や駅構内警戒強化など、4カ国語一斉表示する場合もあり)。

Img_9541 Img_9540_001
△2画面タイプ左側表示例(広域路線図)。
それにしても、中文が某交通局で使ってた「ひげ文字」と似てるようなそうでもないような…

Img_9556
△運転台は10次車以降から特段変化はない。
計器上部に「6両固定編成」と明記されている。


-*-*-*-

Img_9895_001
△多摩川橋梁を渡る1601編成(京急川崎→六郷土手)。

京急1600番台は今後も増備が続けられ、今年度はもう1編成(1607編成)が間もなく登場の模様です(川重で製造中)。
今回、1601編成が投入された引き替えに、800形817編成が運用を離脱、廃車となった模様です。


Img_8921 Img_8966
△1601編成投入により、11月15日に運用離脱した817編成(左:北品川→品川、右:北品川。11月12日撮影)。
近く1607編成も出荷されることから、年内にもう1本800形が離脱することは間違いない。

※京急1600番台は、基本的に大師線以外で、主に6両編成の普通や士急行の運用に入ります(泉岳寺へは土休日深夜に1本だけ運用がある普通でのみ)。
運用について、京急電鉄などへの問い合わせはご遠慮下さい。

【おまけ】
Img_9910 Img_9918
△800形リバイバル塗装のサイドビュー(八丁畷→京急川崎)。
側面の塗装が肝となるこの編成だが、こうやって見ると32年前からタイムスリップしてきたかのような感触もある。

Img_9241 Img_9713

Img_9391_001 Img_9668
△ブルスカ(2133編成)。
11月15日からはセガの主力ゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホック」「ぷよぷよ」の25周年を記念して、ソニックやぷよぷよのキャラがラッピングされた「京急セガトレイン」として運転中である。
関連して、セガホールディングス1号館・2号館が最寄りの大鳥居駅では、ソニックやぷよぷよの装飾が期間限定で施されているので必見だ。
※撮影地…上段左:六郷土手 右:六郷土手→京急川崎 下段左:京急鶴見→花月園前 右:八丁畷→京急川崎。



-*-*-*-

※注:1500形の内、アルミ車体で6両編成(6M0Tの界磁チョッパ車)もしくは8両編成(8M0Tの界磁チョッパ車)のグループに付番されたグループが1600番台であった。
後に編成組み替え、VVVF換装を経て、1500番台(電装解除されたT車は1900番台)に改番されている。

P2910554 P1040996
初代1601編成。2010年にVVVF換装を行い、中間2両がサハ化された。
当時、6両編成の1500形にも電連が付けられたが、後年取り外されている。

Img_6890
△初代1601編成は、その後サハ以外が1500番台に改番され、1561編成となった。
(改番は1600番台が登場する3年前の、2013年に行われている。)

2016年11月12日 (土)

尾久車セ公開からのリバイバルダルマ。

尾久公開に行ったの…何年ぶりだろ。ほんと。

【尾久車セ公開】

さて、今日は表題の通り、尾久車セ公開(ふれあい鉄道フェスディバル)へ行ってきました。

(が、後述するダルマサーン京急800形リバイバル塗装車による貸切列車撮影のため、滞在時間はほんと短めですが。)

※尾久と言えば四季島(E001形)…ですが、昨日→今日と篠ノ井線でハンドル訓練だったそうで、公開はありませんでした。


Img_8080
△今回の公開、一番の注目はこちらでは無かろうか。
左はJR東にのみ唯一現存する583系(N-1+N-2編成)。右は485系改「リゾートエクスプレスゆう」である。

Img_8034_001
△かつては北海道や四国を除く日本各地で見られた583系。
現在はJR東のみで、主に「わくわくドリーム」を中心に団体臨時列車で使用される。

Img_7854
△機関車も展示された。
まずはEF65 501を中心に、EF65 1115とDD51 895。

Img_8024 Img_7916
△それぞれ進行方向に合わせてHMが掲出された。
EF65 1115は「富士」と「カシオペア」、EF65 501には「出雲」と「北斗星」。DD51 895には「さくら」と「夢空間」が掲出された。
(HMはそれぞれ、左が上野方、右が赤羽方を指す。)

Img_7870_001
△尾久車セ構内で電車(と言ってもE655系とE001形ぐらいだが)や客車を入れ換える為の機関車であるDE10も2両(1603と1751)がその後方(赤羽方)に展示された。

Img_7956_001
△その傍らには上野発寝台列車のHM(エルム、北斗星、カシオペア、北斗星トマムスキー、北斗星宇宙号・エルム)が展示された。

Img_7936
△都内では尾久車セにあるのが唯一となった転車台では、EF81 81号機(お召指定機)が。
今回は見られなかったが、転車台実演がここで行われた。

Img_8002 Img_7984
△カハフE26がメンテ等に入ったときに、替わりに入るカヤ27-501

Img_8000
△その妻面。右下に見える銘板の数が、このカヤ27の改造経歴を表す。
全検が6年前と云うこともあり、四季島デビューで廃車となる可能性も無いとは言い切れない。

Img_8116
△検修庫ではE655系「和(なごみ)」が展示された。
無架線地帯でパンタグラフは上がっていないが、ディーゼルエンジンにより電力を供給できるため、行き先表示が表示された状態での展示だった。

Img_8130
△その奥。変に真新しい部分が見られるが、四季島(E001形)登場に合わせて増床された部分であろうか。

Img_8149
△検修庫外(上野方)。向かって右側のみ架線が伸び、直流・交流の両電力に対応したスイッチが設けられている。手前の黄色いものは軽油を補給するためのものだ。

Img_8145  Img_8153
△検修庫の横では185系(とE231系)が休憩所として開放されていた。
昼前から天気が回復し始め、その合間に撮影。

Img_8170
△今回、展示こそ無かったが入出庫線ではE26系「カシオペア」が。
このあと夕方に「カシオペア紀行」として、EF81牽引の下出発した。

-*-*-*-

一通り回ったところで尾久離脱。
上野経由で品川を経て北品川まで。

【京急800形リバイバル塗装登場!】
現在12本在している「キャーダルマサーン」こと京急800形。
銀千(6V)の増備進捗により、今年度も2本が離脱の見込みです。

Img_8411_001 Img_8493
△関東の大手私鉄では現時点唯一となった片開き扉車である800形(北品川~品川)。
前面形状から「ダルマ」とも呼ばれたり。

そんな800形。
今月に入り823編成が登場時の塗装となって久里工を出場。
今日の貸切運転から運転開始となりました。

Img_8892 Img_8902
△登場時の姿にほぼよみがえった823編成(北品川→品川)。
実車としては短命に終わった旧塗装(※注1)だが、おおよそ32年ぶりに旧塗装に蘇った。
今日は貸切運転。事前応募者180名が久里工から乗車した。

Img_8906_001
△リバイバル塗装とはいえ、側面の「KHK」は再現されておらず、既存の「KEIKYU」のままだ。
(ほかにも外幌や前面の連結器、方向幕など、現在の仕様のままの部分がある。)

Img_8908
△前後にはリバイバル塗装記念のHM(ステッカー)が掲出された。
実はこのHM…

P2220391 P2220394
△今を去ること37年前(1979年)に、800形がローレル賞を受賞した記念に掲出されたHMをもじったものである(京急ファインテック。2010年公開時に撮影)。
年号が1979→2016、ローレル賞が800形リバイバル塗装記念、そして京浜急行→京急電鉄となっている。

Img_8945 Img_8950
△そして823編成は運転終了後品川3番から折返し、回送として発車(品川→北品川)。
(上りの京成の借り物北総7808編成空気嫁というのは無しの方向で。)

Img_8963
△823-6正面。側面が肝となる編成だけに、構図は本当に限られてしまう。

Img_8968
△蒲田要塞2番から発車する823編成回送列車。
このあと新町検車区へ入庫となったそうだ。

-*-*-*-

1601編成(銀千の6両編成※注2)がJ-TRECを出場しており、近く営業開始により1編成が間違いなく廃車となる800形。
今年は「シン・ゴジラ」出演(!?)やリバイバル塗装などいろいろな事がありましたが、まだ暫く安泰…と言ったところでしょうか。

※京急823編成(リバイバル塗装)の運行予定について、京急電鉄等関係各所へのお問い合わせはご遠慮下さい(状況によってはHP等で対応ありそうだが果たして…)。
※800形は基本普通として、品川~浦賀間で運転しています。

【おまけ】尾久駅での一こま。

Img_8161
△尾久1番の列車。東海道線内アクティーとあるが、京王でよく見られる「普通・上野行。上野からアクティー」…ではない。
今朝方発生した横須賀線の人身事故による影響で東海道線も含めダイヤが乱れ、上野駅で折返しとなったため、この表示となってしまった。

-*-*-*-


※注1:823編成の登場は1981年(昭和56年)。翌1982年には中間3両が投入され、旧塗装での6両編成が形成されたが、2000形の登場によりこのカラーリングを2000形に譲ることとなり、現行の塗装になった。
ちなみに800形で登場時から現行塗装なのは820~822・824・825編成の中間3両(組み込み時に既存3両も塗色変更)と、826・827編成である。

Img_8634
△数ある800形でも、旧塗装未体験の編成もある。
例えばこのラストナンバーである827編成(誕生から丁度今年で30年)もその一つ。

※注2:今年度登場の16次車から、6両編成は続番(1373~)ではなく新規番台「1600番台」となって登場。
側面のラッピングが1800番台と同じ配色となり、車端部にはクロスシート(ボックスシート※電源コンセント付き)、車外スピーカーの設置などのマイナーチェンジが施されている。制御装置は1361編成以前同様東洋電機製に戻っている。
なお、1600番台は過去に1500形の番台区分として存在していたが、現在は1500番台に改番され消滅。その後今回の1600番台登場により復活となり、実質2代目となった。
(営業開始後に撮りに行きたいと思います。詳しくはまたその時に。)

※今年度は8両編成2本、6両編成2本(内1本完成。もう1本も今月中に川重から出荷予定)、4両編成1本(※既に1809編成がJ-TRECから出場済み)投入の予定だ。

2016年11月 8日 (火)

埼京線の孤高-205系ハエ28廃車配給(10両中4両)

E233系(や東臨70-000形)へのATACS設置工事が終わった関係で、10月末で運用を終えた埼京線205系ハエ28。

先週あたりに編成を4両(1,8~10号車)と6両(2~7号車)に分けられました

そして今日(11月7日)。
そのうちの4両が廃車名目で長野総合車セへ送られました。

Img_7440 Img_7441
△編成が分割された205系ハエ28(川越車セ※川越線車内から撮影)。
クハ込みの4両には毎度おなじみ死神EF64 1031が連結され、残った中間6両にはクモヤ143-11が繋がったままである(川越方妻部に反射板を取り付け済み)。後述するが205系は中央東線の狭小トンネル対策でパンタグラフは外されているが、クモヤのパンタは残ったままなので、流石にクモヤも一緒に長野へと言うのはなさそうだ。

Img_7446
△EF64に繋がれたハエ28の4両。
連結部では職員らでなにやら作業中のようだ。

暫くして、ハエ28の4両の配給列車は川越車セを出、帰らぬ旅に。

Img_7606 Img_7609
△川越車セを発ち、実質川越線最後の走行となったハエ28の4両(南古谷→指扇)。

Img_7631
△下り列車行き違いのため停車(指扇)。
発車標は列車入線後「JR」の表示に。前面中央部になにやら貼り紙が。

Img_7641
△その貼り紙。川越車セのスタッフによるお手製のものだろうか。
さよならカワ28編成」「川越車両センター最後の205系10両編成
長らくのご愛顧、ありがとうございました。」と記されたものが貼られていた。
※「ハエ28」だの「カワ28」だの、「川越車セ205系第28編成」だのと色々呼び方はありますが、本稿では「ハエ28」としています。

Img_7642_001 Img_7644
△9号車(モハ205-287)のパンタグラフは、前述の通り撤去され、右写真のように車内に保管されている(蛍光灯はホームの天井に付いているものである)

Img_7654
△現在の埼京線の主力であるE233系と最後の対面。

Img_7672
△対向の川越行が発車したのと同時に、配給列車も発車。一路日進方面へ。

Img_7688
△場所替えて八王子。
営業列車の待避中である。

Img_7691
△新津や長野へ配給した経歴のある埼京線205系。
だが埼京線の205系は、残る中間6両の配給を持って全行程終了となる。

【今日配給された車両】
Img_7695
△クハ205-107。

Img_7698  
△モハ205-287。妻窓から撤去したパンタグラフが見える。

Img_7700
△モハ204-287。

Img_7703
△最後尾クハ204-107。
最後まで残った、車内監視カメラ付きクハ204となった。

Img_7704_001
△そしてハエ28は長野への帰らぬ旅に発った。
尾灯のみ点灯し、運番、行き先表示は無表示だ。

【何で分割して配給?】
川越線は大宮~日進間以外は単線、駅は上下線で列車行き違いが可能となっていますが、10両+機関車だとホームからはみ出し、対向列車と行き違いができなくなることから、編成を分けての配給となりました。が、通常はサハ1両だけ抜いて9両で配給したり、新津配給(通称逆ニーハイ)の場合は高崎などへ疎開の上で10両で牽引するなど、ケースバイケースで対応してたようです。

Img_7965
△過去にあったケースとして、サハ204が1両だけ配給されるケース(残り9両は別途配給)。

Img_6854 Img_6849
△もう一つ。
長らく残ってたサハ205を、南武線で廃車となったクハ2両と共に送られたケースも。


今回の場合は両先頭車付き4両と、中間車のみの6両に分けましたが、これは何かありそうです。
(特に今回輸送された4両。転用の可能性もありますが、果たしてどうなりますやら…)

-*-*-*-

埼京線の205系は残り6両の配給、長野着後の除籍を持って完全消滅
川越車セ内での205系は、残りは川越線(川越~高麗川)・八高線(高麗川~八王子)用の3000番台が残るのみに。
本当ならば2014年で完全撤退のところが、E233系などのATACS設置工事に絡み、2年と8ヶ月経って本当に撤退となってしまいました。

平成元年登場の生え抜き組、今回のハエ28のような京浜東北線からの転属組、そして山手線からの転属組と様々なバリエーションが見られましたが、それも過去の話となりました。

投入からトータルして28年間。
長らくお疲れ様でした。

~埼京線205系、過去撮ったものから~
(主に2013年~2016年撮影分から。)

P3110883 P3110898
△埼京線では6扉車を組み込んだ編成も存在したが、それらが真っ先に淘汰されていった。

P1210449
△無理矢理新幹線と絡めて撮ってみたり。

P1070747
△E233系が入り始めた頃。
試運転中のE233系と205系との離合も見られたり。

P1240600  P1240814

P1240760
△3年前の川越車両センターまつりで。庫内でE233系と並ぶハエ28。
このときハエ28が最後まで残るとは、その時誰も想像付かなかっただろう。

Img_2780  Img_3037
△そしてその翌年(2014年)、「ありがとう」のHMが掲出されたものの…

Img_4181
△なんだかんだでハエ28のみが残り、この編成が実質埼京線最後の205系となってしまった。

Img_5498
△その年の10月の川越車両センターまつりでは、他線の205系と並ぶ機会も。
(当時、ナハ34はE233系投入のため一時運用を離脱、川越車セに疎開されていた。)

Img_3306  Img_3314

Img_3311  Img_3318
△翌2015年の埼京線30周年の時には、えんじ色の編成札復活、車内シートモケットを一時的に特別仕様にしたり、また一部車両にハートのつり革を設置したりした。

Img_6839  Img_6861
△最末期。
駅ナンバリングとの組み合わせも見られたが、結果的に埼京線全駅に波及される前の引退となってしまったようだ(大崎~浮間舟渡とりんかい線のみ)。

Img_2723
△営業中の埼京線205系を、私が最後に見たのは10月19日のことだった(南与野→中浦和)。
この数日後、10月27日をもって全運用を終えた。

※205系ハエ28の今後、及び残り6両の配給予定について、JR東日本等への問い合わせはご遠慮下さい。
(多分クモヤ143も一緒に配給なんてヲチ…ないよ…ね?今日の時点でまだパンタあったし)

【おまけ】
Img_7487
△川越線を往く651系の回送列車(指扇→南古谷)。
何かの送り込みなのか、それとも別用なのか、詳細は不明だ。

Img_7579  Img_7547
△機器更新車が続々登場中の東臨70-000形(南古谷→指扇)。
先月末、Z7が機器更新を終えており、E233系(通勤タイプ)と同仕様の制御装置に換装された。
(左写真では判らないが、右写真で見る限り、制御装置だけが異様に綺麗なものとなっているw)

2016年11月 7日 (月)

銀座線渋谷界隈大規模工事に伴う運用変更(11月6日)

銀座線渋谷駅付近の線路切り替え工事のため、11月5日~6日の両日、銀座線では一部区間での運休や折り返し運転がありました。

Img_7370_001
△今回の工事の肝である渋谷駅付近(渋谷ヒカリエ4階から撮影)。

工事が大方終わっており、左のA線(渋谷止)が今回の工事の対象だったようだ。

P1110343
△3年前(工事が始まろうとしている頃)の渋谷界隈(撮影地は上写真と同じ)。
3年と数ヶ月でこんなに変わるとは思ってもいなかった。

現在工事している箇所に今後銀座線渋谷駅(1面2線の島式ホーム※ホームドアつき)が移設し、東横線や副都心線方面との乗換所要が短くなり、便利になる寸法です。

Img_7380
△銀座線渋谷駅の工事概要。
現在の位置より130m手前に移動するそうだ。

Img_7389
△渋谷ヒカリエと共に銀座線の高架橋を望む。
この光景も残りわずかとなるだろう。

線路移設に伴い、銀座線の渋谷~表参道と、青山一丁目~赤坂見附~溜池山王は運休となり、以下の区間で折り返し運転となりました(※注)。

・表参道~外苑前~青山一丁目(12分間隔※単線折返し)
・溜池山王~浅草(3分間隔)


Img_7242
△工事に伴う区間運休の告知。
今回の工事にともない、都合2回に分けて行われ、2回とも部分運休となる。
その1回目が終わり、次回は11月19日~20日(荒天時など、工事ができなかった場合は翌週)に今回同様終日部分運休を行う。

Photo

△工事期間中の路線図と、不通区間への代替ルート。
工事中は東京メトロと都営地下鉄、山手線全線と一部JR・私鉄で振り替え輸送を行う。
(振り替えのルールはいつも通り、目的地までの乗車券、回数券、定期券所持者のみ。定期券機能のないIC乗車券は対象外である。)


Img_7116_001 Img_7224
△浅草~溜池山王間は1000系(左)や少数精鋭となった01系(右)による運行となった。
(左:銀座、右:溜池山王)

Img_7074  Img_7077
△駅構内の案内も「渋谷」の文字上から「溜池山王」と貼って対処。
東京メトロの運行情報も、土日終日銀座線区間運休の表示が出された(いずれも上野)。

Img_7249  Img_7264
△表参道~青山一丁目は単線折返しとなったが、A線は青山一丁目→表参道(着後青山一丁目まで逆走し回送)、B線はその逆という流れとなった。

Img_7272  Img_7307_001
△それぞれ終点着後は単線折返しで回送となり、始発駅(A線…青山一丁目、B線…表参道)へ戻る形となった。この区間には1000系が各線1本ずつ使用された。

Img_7348_001
△工事期間中の終点である表参道に入線する1000系。
表参道から隣の半蔵門線に乗り換えて、渋谷へ向かう流れ。

-*-*-*-

工事は無事に終わったようで、次回は11月19日~20日にもう一度工事が行われる為、今回のような区間運転が行われます。
11月19日~20日で銀座線利用予定の方はご注意下さい。

【おまけ】
Img_7136
△入線する銀座線の主力1000系(銀座)。
写真の20F、車外は一見してただの1000系だが…

Img_7144 Img_7153
△車内はディズニーなクリスマスで染まっている。
窓硝子は曇っているようにも見えるが、実は装飾である。

Img_7152
△中吊りの一部には本物のクリスマスリースが飾られていた。
ディズニーのクリスマスらしく、ミッキーマウスのシルエットが模られている。

-*-*-*-

※注:表参道では折返しができず、折返し可能な溜池山王で打ち切り、溜池山王~渋谷間で運休してしまうと、乗換接続のない外苑前が孤立してしまう。このため、溜池山王~浅草で折返し(溜池山王で一斉下車。後に回送し、折返しB線ホームへ入線)、青山一丁目~表参道間で単線のピストン輸送(片道回送)となった。次回の工事時も同じ流れとなる。




« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー