« 埼京線の孤高-205系ハエ28廃車配給(10両中4両) | トップページ | 京急1600番台、装い新たに復活!? »

2016年11月12日 (土)

尾久車セ公開からのリバイバルダルマ。

尾久公開に行ったの…何年ぶりだろ。ほんと。

【尾久車セ公開】

さて、今日は表題の通り、尾久車セ公開(ふれあい鉄道フェスディバル)へ行ってきました。

(が、後述するダルマサーン京急800形リバイバル塗装車による貸切列車撮影のため、滞在時間はほんと短めですが。)

※尾久と言えば四季島(E001形)…ですが、昨日→今日と篠ノ井線でハンドル訓練だったそうで、公開はありませんでした。


Img_8080
△今回の公開、一番の注目はこちらでは無かろうか。
左はJR東にのみ唯一現存する583系(N-1+N-2編成)。右は485系改「リゾートエクスプレスゆう」である。

Img_8034_001
△かつては北海道や四国を除く日本各地で見られた583系。
現在はJR東のみで、主に「わくわくドリーム」を中心に団体臨時列車で使用される。

Img_7854
△機関車も展示された。
まずはEF65 501を中心に、EF65 1115とDD51 895。

Img_8024 Img_7916
△それぞれ進行方向に合わせてHMが掲出された。
EF65 1115は「富士」と「カシオペア」、EF65 501には「出雲」と「北斗星」。DD51 895には「さくら」と「夢空間」が掲出された。
(HMはそれぞれ、左が上野方、右が赤羽方を指す。)

Img_7870_001
△尾久車セ構内で電車(と言ってもE655系とE001形ぐらいだが)や客車を入れ換える為の機関車であるDE10も2両(1603と1751)がその後方(赤羽方)に展示された。

Img_7956_001
△その傍らには上野発寝台列車のHM(エルム、北斗星、カシオペア、北斗星トマムスキー、北斗星宇宙号・エルム)が展示された。

Img_7936
△都内では尾久車セにあるのが唯一となった転車台では、EF81 81号機(お召指定機)が。
今回は見られなかったが、転車台実演がここで行われた。

Img_8002 Img_7984
△カハフE26がメンテ等に入ったときに、替わりに入るカヤ27-501

Img_8000
△その妻面。右下に見える銘板の数が、このカヤ27の改造経歴を表す。
全検が6年前と云うこともあり、四季島デビューで廃車となる可能性も無いとは言い切れない。

Img_8116
△検修庫ではE655系「和(なごみ)」が展示された。
無架線地帯でパンタグラフは上がっていないが、ディーゼルエンジンにより電力を供給できるため、行き先表示が表示された状態での展示だった。

Img_8130
△その奥。変に真新しい部分が見られるが、四季島(E001形)登場に合わせて増床された部分であろうか。

Img_8149
△検修庫外(上野方)。向かって右側のみ架線が伸び、直流・交流の両電力に対応したスイッチが設けられている。手前の黄色いものは軽油を補給するためのものだ。

Img_8145  Img_8153
△検修庫の横では185系(とE231系)が休憩所として開放されていた。
昼前から天気が回復し始め、その合間に撮影。

Img_8170
△今回、展示こそ無かったが入出庫線ではE26系「カシオペア」が。
このあと夕方に「カシオペア紀行」として、EF81牽引の下出発した。

-*-*-*-

一通り回ったところで尾久離脱。
上野経由で品川を経て北品川まで。

【京急800形リバイバル塗装登場!】
現在12本在している「キャーダルマサーン」こと京急800形。
銀千(6V)の増備進捗により、今年度も2本が離脱の見込みです。

Img_8411_001 Img_8493
△関東の大手私鉄では現時点唯一となった片開き扉車である800形(北品川~品川)。
前面形状から「ダルマ」とも呼ばれたり。

そんな800形。
今月に入り823編成が登場時の塗装となって久里工を出場。
今日の貸切運転から運転開始となりました。

Img_8892 Img_8902
△登場時の姿にほぼよみがえった823編成(北品川→品川)。
実車としては短命に終わった旧塗装(※注1)だが、おおよそ32年ぶりに旧塗装に蘇った。
今日は貸切運転。事前応募者180名が久里工から乗車した。

Img_8906_001
△リバイバル塗装とはいえ、側面の「KHK」は再現されておらず、既存の「KEIKYU」のままだ。
(ほかにも外幌や前面の連結器、方向幕など、現在の仕様のままの部分がある。)

Img_8908
△前後にはリバイバル塗装記念のHM(ステッカー)が掲出された。
実はこのHM…

P2220391 P2220394
△今を去ること37年前(1979年)に、800形がローレル賞を受賞した記念に掲出されたHMをもじったものである(京急ファインテック。2010年公開時に撮影)。
年号が1979→2016、ローレル賞が800形リバイバル塗装記念、そして京浜急行→京急電鉄となっている。

Img_8945 Img_8950
△そして823編成は運転終了後品川3番から折返し、回送として発車(品川→北品川)。
(上りの京成の借り物北総7808編成空気嫁というのは無しの方向で。)

Img_8963
△823-6正面。側面が肝となる編成だけに、構図は本当に限られてしまう。

Img_8968
△蒲田要塞2番から発車する823編成回送列車。
このあと新町検車区へ入庫となったそうだ。

-*-*-*-

1601編成(銀千の6両編成※注2)がJ-TRECを出場しており、近く営業開始により1編成が間違いなく廃車となる800形。
今年は「シン・ゴジラ」出演(!?)やリバイバル塗装などいろいろな事がありましたが、まだ暫く安泰…と言ったところでしょうか。

※京急823編成(リバイバル塗装)の運行予定について、京急電鉄等関係各所へのお問い合わせはご遠慮下さい(状況によってはHP等で対応ありそうだが果たして…)。
※800形は基本普通として、品川~浦賀間で運転しています。

【おまけ】尾久駅での一こま。

Img_8161
△尾久1番の列車。東海道線内アクティーとあるが、京王でよく見られる「普通・上野行。上野からアクティー」…ではない。
今朝方発生した横須賀線の人身事故による影響で東海道線も含めダイヤが乱れ、上野駅で折返しとなったため、この表示となってしまった。

-*-*-*-


※注1:823編成の登場は1981年(昭和56年)。翌1982年には中間3両が投入され、旧塗装での6両編成が形成されたが、2000形の登場によりこのカラーリングを2000形に譲ることとなり、現行の塗装になった。
ちなみに800形で登場時から現行塗装なのは820~822・824・825編成の中間3両(組み込み時に既存3両も塗色変更)と、826・827編成である。

Img_8634
△数ある800形でも、旧塗装未体験の編成もある。
例えばこのラストナンバーである827編成(誕生から丁度今年で30年)もその一つ。

※注2:今年度登場の16次車から、6両編成は続番(1373~)ではなく新規番台「1600番台」となって登場。
側面のラッピングが1800番台と同じ配色となり、車端部にはクロスシート(ボックスシート※電源コンセント付き)、車外スピーカーの設置などのマイナーチェンジが施されている。制御装置は1361編成以前同様東洋電機製に戻っている。
なお、1600番台は過去に1500形の番台区分として存在していたが、現在は1500番台に改番され消滅。その後今回の1600番台登場により復活となり、実質2代目となった。
(営業開始後に撮りに行きたいと思います。詳しくはまたその時に。)

※今年度は8両編成2本、6両編成2本(内1本完成。もう1本も今月中に川重から出荷予定)、4両編成1本(※既に1809編成がJ-TRECから出場済み)投入の予定だ。

« 埼京線の孤高-205系ハエ28廃車配給(10両中4両) | トップページ | 京急1600番台、装い新たに復活!? »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/68400849

この記事へのトラックバック一覧です: 尾久車セ公開からのリバイバルダルマ。:

« 埼京線の孤高-205系ハエ28廃車配給(10両中4両) | トップページ | 京急1600番台、装い新たに復活!? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー