« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月18日 (水)

【追記あり】「旧新潟色」を纏いし115系、登場!

115系ではこのカラーリングは「初登場」となります。

さて、先月大宮総合車セに入場した新潟の115系N3編成。

整備を終え、塗色を所謂「新潟旧国色(以下、例外無い限り「元祖新潟色」とする)」にした上で姿を現し、1月18日に構内試運転が行われました。

Img_1178
△試運転線で佇む115系N3(大栄橋から撮影)。
湘南色の塗り分けでえんじ色とカナリヤイエローのツートンカラーを纏う。このカラーがかつて新潟の旧国に施された「新潟色」と言われるカラーだ。

試運転は午前と午後に行われたようで、今回は午後の回を撮影。

13時を少し回ったあたりから試運転が始まりました。

Img_1240 Img_1279
△試運転線を快走する115系N3。鉄道博物館のそばまで走行したので、当時鉄博に訪れた方でこの115系をご覧になった方もいらっしゃるのではないだろうか。
115系では「最初で最後」になりそうなこのカラーリング。違和感は無い。
115系が登場して間もなく新潟に配備されてたら、本当にこの色になっていただろう。

Img_1294 Img_1299
△午後の部2往復目の往路。場所を変えて撮影。
(運転上)浦和方のクハ115-1044の正面方向幕が「急行」になっているw

Img_1302
△そして折返し。
これをもって試運転は終了した。

Img_1321
△クモハ115-1044正面(踏切が開いた状態で安全を確認した上で撮影)
塗り分けは湘南色やスカ色と同じであるが、黄かん色やクリーム色がカナリヤイエロー(黄5号)、緑(緑2号)や青(青15号)が赤2号(えんじ色)になった形である。

Img_1360
△その後115系N3はEC整備棟6番線に収容された(大栄橋から撮影)。

Img_1502
△時間置いて、翌19日の所属区(新潟車セ)への回送に備え、1月17日に到着した伴走車(いつもの115系L99)と連結、入れ換えが行われた(大宮11番から撮影)。
保安装置の関係で自走ができず、新潟車セへの回送は115系L99に挟まれる形を取っている。

【115系N3(元祖新潟色) 形式写真】


Img_1509
△クハ115-1044。

Img_1513_001
△モハ114-1061。

Img_1517
△クモハ115-1044。

Img_1508_001
△クハ115-1077。長野色ではあるが、これでも新潟車セの所属である(伴走車L99)
ただ、営業に就かず主に大宮総合車セへ115系を送り込むとき、及び出場時に回送する際に、回送対象の編成を挟んで使用する。保安装置にATS-Pを搭載しているのもそれが理由である。
(そろそろ塗り替えてやれとかツッコミは無しの方向で。)

Img_1563 Img_1700_001
△EC整備棟4番線に収容され、回送される刻を待つ。
この時点でL99の残り3両が4番線に収容され、中で連結されているものと思われる。

115系N3は出場後、早速1月21日~22日に「懐かしの新潟色越後ぐるっと周遊号」で運転される予定です(新潟~弥彦の往復。乗車券は既に完売)。
この臨時列車での運行後は新潟地区で他の115系やE129系と共に運用に入ります。

【以下追記】
その後115系N3は、L99共々翌1月19日に出場となりました。

Img_1737
△明けて翌日(1月19日)、大宮総合車セを出場した115系N3(大宮9番から)。
伴走車L99に挟まれ、大宮11番へ入線する。

Img_1770_001
△大宮11番で発車を待つ回送列車(回9775M)。
この位置からではN3の様子はうかがえない。

Img_1760
△115系N3。
新潟着後、今週末から運転される臨時列車より早速営業開始となる。

Img_1751
△クハ115-1044の検査表記。
29-1 大宮総合車セ」の記述。全般検査での入場で、合わせて今回の元祖新潟色塗装となったようだ。

Img_1788 Img_1791
△そして15時07分、発車時刻となり回送列車は一路新潟へ。

-*-*-*-

※115系N3編成の臨時列車以外の定期列車運転予定など、JR東日本新潟支社等現業企業へのお問い合わせはご遠慮下さい。

おそらくE129系の増備進捗によりますが、数年は新潟でこの塗色が見られると思いますが、それもいつまでになりますやら。

【大宮総合車セでは…】
現在E233系青670が昨年から入場中ですが、実はこの青670、南武線へ転属される模様です。
(何れも大栄橋から撮影。)

Img_1196
△クハE233-70。帯が一部剥がされた状態となっているが、中央線のラインカラーであるオレンジの帯がまだまだ残っている。
Twitter見たままではあるが、これの反対側は既に南武線仕様の帯が貼られているそうな。

Img_1192
△一方、クハE232-528。前面のラインカラーが南武線仕様となってはいるが、前面下部左右に本来あるはずのホーム検知装置の凹みがない。また連結器は青670のまま、電連付きのものとなっている。

単なる編成増なのか、残存する209系(ナハ53)置き換え用なのか、詳細は不明ですが後者の可能性が一番高いです。

Img_0368
△参考までに南武線E233系。
元青670がどのような仕様で登場するのか、気になるところだ。

【おまけ】
Img_1379
△60000系の増備、10030系の転属でその数を減らしつつある野田線8000系(大宮※大栄橋から撮影)。
方向幕装備車も希少種となった。

2017年1月 1日 (日)

新春のご来光と京急「初日号」など

あらためまして、

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお付き合い願います。

Img_8790

さてさて、今年も新春のご来光(=初日の出)をと言うことで、今回は三浦海岸へ行って参りました。

三浦海岸と言えば京急ですが、今年も「初日号」にお世話になりました。


Img_8303
△初日号1便目(品川)。
昨年は黄色奴(1057編成)だったが、今年は1017編成が抜擢。
しかし…何かがおかしい。

Img_8305
△それはこの非常口の形式表記にある。
「017」の前に「2」が付け加えられ、西暦ではあるが「2017」とあしらえてある。
(HMは通例通り車内から吸盤で浦賀方1017にのみ付けられている。)

ひとまずこの2017編成1017編成に乗り、一旦横浜まで。


Img_8357 Img_8366
△横浜で敢えて降りた理由の一つ。2165編成による貸切列車「みうら元旦号」である。
京急川崎や横浜から三浦海岸へ運転された。

Img_8430
△もう一つがこちら。同じ初日号だが2便目(品川5:00発)が、1800番台を用いた運用であった。
(浦賀方4両が1809編成、後ろ4両が1801編成。貫通幌使用。)

Img_8434
△HMは1便目と同じである。

Img_8498
△今回は終点の三崎口まで乗らず、敢えて三浦海岸で下車。
対向の三浦海岸2番・三崎口方では、この初日号や「みうら元旦号」を撮らんべく、多くのファンが待ちかまえていた。

着後、徒歩で海岸まで。
三浦海岸でのご来光は5年前(2012年元旦)以来でした。

Img_8511
△着時。
対岸の房総半島は少し雲に覆われていたが、それもやがて抜けていった。

時刻は朝7時になる少し前、日は昇り始めました。

Img_8587  Img_8602_001

Img_8641_001  Img_8655

Img_8686  Img_8772

Img_8772_2

Img_8715
△日が昇り始め、その太陽の光が太平洋上に一直線上に伸びる。

2017年(平成29年)はまだ始まったばかり。
今年1年、良い年になればと願うところです。

【正月の京急と言えば】
毎度おなじみ大師線のHM
今年も一般公募により2種類掲出されています(元旦の終夜便~節分の2月3日まで。1500形限定)

Img_8857_001 Img_8876
△今年も干支にちなんだHMが掲出された大師線1500形(京急川崎)。
一つは駅名標を背に敬礼する鳥。

Img_8887  Img_8914
△もう一つは1800番台に乗る鶏の親子。
1800番台も大師線運用に就くことがあるので、是非とも1800番台が大師線運用に入ったときはこのHMを掲出して欲しいところだ。

【おまけ】
Img_9023
△1600番台の2編成目である1607編成(梅屋敷→大森町)。
1600番台の今年度分は増備終了。年末目前で今年度増備分として8V1本(1177編成)がJ-TRECから出場している(制御装置がSiC素子となっているそうな)。

Img_8472  Img_9036
△初日号の運用を終えたあとも「2」017のまま走る1017編成(左:北久里浜、右:大森町→梅屋敷)。
元日いっぱいこのままなのか、それとも暫くこのままなのか…。

Img_8995 Img_8305_2
△後で貼られた「2」は、おそらく銀千用の「2」と思われる。
(書体がまんま銀千の「2」であるのが判る。)

来年の初日号で2011編成(品川方が「2018」)が廃車とならず残っていれば、2011年元旦以来の再抜擢もありそうですが…8Vの増備が再開しており、それが叶うか否か…。




あけましておめでとうございます。

Img_3508_ver

昨年は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願いします。

平成29年元旦

※今年は国鉄爆発JR発足30周年でもあり、JR東で「TRAIN SUITE 四季島」、JR西では「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」と、東西でクルーズトレインがデビューする年。
その中から、四季島(試運転中のものですが…)をチョイスしてみました。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー