« 都営10-300R、引退を前に… | トップページ | 【ワンフェス2017冬】みんなのメカトロウィーゴ6と「ハマの赤いウィーゴ」のお話。 »

2017年2月14日 (火)

都営10-300R、営業終了。

都営新宿線の異端児的存在だった10-300R

都営交通公式Twitterでも報じられたとおり、今日2月14日をもって営業運転を終えました
(その前日2月13日には、最後の高尾山口運用に就いている。)

京王線内(相模原線含む)だけではありますが、最後の様子を。


Img_5848
△相模原線を往く10-300R最後の1本、10-330F(若葉台→稲城)。
こうやってみると何の変哲もない10-300形に見えるが…

Img_5851
△2両目~7両目、即ち編成中間は元10-000形という、凸凹編成であった。
(上の高架は武蔵野貨物である。)

Img_5855
△元10-000形な中間車と、新造された10-300形の先頭車。
帯含め、10-300Rと10-300形との相違点の一つでもある。

Img_5948
△本八幡から折返し京王相模原線に戻ってきた10-330F(京王多摩川→京王稲田堤)。
定番撮影地では最後の勇姿をおさめるべく、多くのファンが訪れた。

Img_5960  Img_5965_001
△この光景も今日で見納め(京王稲田堤)。

Img_6118  Img_6122
△地下区間から再び地上区間へ上がる10-330F(国領→柴崎)。
京王線調布付近の地上時代~地下化を見てきた車両の一つでもある。

Img_6261
△そして最後の橋本発本八幡行(京王稲田堤)。
下り線は今後後述する廃車回送で通ることはあるが、上り線はこれが最後の走行となる。

Img_6283
△夕闇染まる空の下、発車を待つ。

Img_6305
△そして京王稲田堤を後に、本八幡までのラストランに臨む。

-*-*-*-

10-330Fはその後、トラブル無く本八幡に到着し、折返し回送で大島基地へ入庫したそうです。
(本八幡着前にはラストランの旨放送があったそうな。)

2005年に登場した10-300R。
10-300形と共に登場しましたが、都営新宿線の保安装置更新(D-ATC化)や、誘導障害の関係で本物の10-300形よりも先に営業を開始しました。
当時は10-000形初期車の中間車6両が組まれた暫定編成(今回の10-330Fは、最初10-080Fの中間6両が暫定的に組まれてた)での営業運転でしたが、その後本編成に組成され、最終的には6編成と言う陣営が当該でした。

以来、10-000形の残存編成や10-300形と共に、都営新宿線や京王線での活躍が続きましたが、10-300形4次車・5次車の増備により廃車が始まり、新造された先頭車共々解体されています。
今回運用を終えた10-330F。今後は若葉台工で解体のため、大島→若葉台まで廃車回送される予定です。

誕生から12年(10-300Rとして。最長で元3次車の10-337と10-338が31年)と短い間でしたが、本当にお疲れ様でした。

※10-330Fの廃車回送時期など、東京都交通局や京王電鉄への問い合わせはご遠慮下さい。

« 都営10-300R、引退を前に… | トップページ | 【ワンフェス2017冬】みんなのメカトロウィーゴ6と「ハマの赤いウィーゴ」のお話。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/69603292

この記事へのトラックバック一覧です: 都営10-300R、営業終了。:

« 都営10-300R、引退を前に… | トップページ | 【ワンフェス2017冬】みんなのメカトロウィーゴ6と「ハマの赤いウィーゴ」のお話。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー