« 続・E233系8500番台登場! | トップページ | 「KEIKYU LOVE TRAIN 2017」運行中! »

2017年3月 5日 (日)

【3/4ダイヤ改正】南武線緩急接続駅変更。

3月4日、JR各社でダイヤ改正が行われました。

今回はその中から、南武線の緩急接続駅変更の話を。

-*-*-*-

2011年に復活した南武線の「快速」。
最初は川崎~登戸間のみ(登戸以遠立川までは各駅)でしたが、2015年までに全駅通しで運転されるようになり現在に至ります。

改正前までは上りが稲城長沼、下りは武蔵溝ノ口でそれぞれ緩急接続(快速と各停の接続)が行われていましたが、今改正で次のようになりました。

【上り】終日登戸駅で接続

Img_8455
△登戸2番に入線する各停。
今改正から、快速待避となる駅がこの登戸に代わり、上り列車が中野島方から2番線に入線する様が見られるようになった。

Img_8470
△登戸で並ぶ快速(1番線)と各停(2番線)。
後述するが、この光景は快速復活の2011年から、快速区間延長の2014年まで見られた。

【下り】平日は稲城長沼で、土休日はそれに武蔵中原が追加

Img_8344_001  Img_8361_001
△改正後、終日待避駅となった稲城長沼。
改正前までは上り線がこの駅で待避したが、改正後は下り線が待避対象となった。

Img_8408
△快速の発車から暫くして発車する各駅停車。

Img_8517 Img_8531
△一方、土休日限定ではあるが、武蔵中原においても緩急接続を行うようになり、川崎始発の各停は、稲城長沼か武蔵中原のどちらかで快速に抜かれるダイヤとなった。
(平日は稲城長沼のみなので、川崎始発各停3本中2本は途中待避なしとなる。)

今回の改正で、下り快速は土休日のみ平均2分、上り快速では同じく土休日のみ平均1分所要時間が短縮となっています、平日は改正前とほぼ変わりありません。

【余談】過去の快速待避駅は以下の通り。


①2011年の快速復活後~2014年改正まで(快速区間:川崎~登戸)…待避駅無し。
(但し、上りは登戸で始発川崎行と接続)

②2014年改正後~2015年まで(快速区間:川崎~稲城長沼)…上りは武蔵中原、下りは武蔵溝ノ口で待避。
(この頃は、従来の登戸折返しが稲城長沼まで延長。)

③2015年改正~今改正前日まで…上りは稲城長沼、下りは武蔵溝ノ口で待避。
(この頃に全線通しでの快速運転が始まった。)

Img_8100  Img_8152
△改正前までは、下りは武蔵溝ノ口(左)、上りは稲城長沼(右)で緩急接続が行われた。
(3月3日撮影。)

【おまけ】
Img_8054
△駅ナンバリング実施率0の南武線だが、このほど武蔵溝ノ口にナンバリング「JN10」が付与された。
しかし…駅ナンバリング付与駅はこの武蔵溝ノ口のみで、改正後特に付与駅が増えたわけではない(2017.04.09現在、南武線の駅ナンバリング実施駅はこの駅だけだ)

« 続・E233系8500番台登場! | トップページ | 「KEIKYU LOVE TRAIN 2017」運行中! »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/69811147

この記事へのトラックバック一覧です: 【3/4ダイヤ改正】南武線緩急接続駅変更。:

« 続・E233系8500番台登場! | トップページ | 「KEIKYU LOVE TRAIN 2017」運行中! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー