« 京王5000系、試運転中! | トップページ | 都営10-000形7次車、終焉を前に… »

2017年8月 7日 (月)

「みんなのメカトロウィーゴ7」、中野で開催!

先週、ワンフェス・千値練ブースで開催された

みんなのメカトロウィーゴ7

今回も数多くのカスタムウィーゴが展示公開されました。
(ワンフェスでの展示はこちらからどうぞ。)

時は流れて8月5日から、場所を幕張メッセから中野 SF Galleyに移し、おおよそ2週間展示公開されることとなりました。

Img_1908

開催場所が変わり、展示方法も変わり、ワンフェスの時では見ることができなかった構図から作品を見ることができるようになりました。

Img_0812 Img_2562
△展示形態(左:7月30日のワンフェス 右:8月5日からの中野)。
ひな壇3段に全作品展示だったのが、作品によって再配置がなされた。

Img_2464
△ペイント部門の作品がズラリ!
ちなみに今回のみんウィ、12ウィーゴはペイント部門の2作品のみだ。

Img_2395 Img_2372
△ペイント部門の作品を斜め横一列ズラリと。
(左:「ATD-W 心神(作:カオりデさん)」基準、右:「aqua(作:めかとろとろさん)」基準。)


Img_2148  Img_2461

Img_2049  Img_2052


△ワンフェスの時は見ることができなかった、ウィーゴ達の後ろ姿
作品によっては背部においても製作・彩色を施した作品もあり、今回その姿を改めて見ることができる(但し、一部作品は配置の都合上見られない場合も)。

Img_2549 Img_2188
△また、作品によっては近くまで寄って撮ることも可能である。
そのためか、ワンフェスの時には見られなかった細部もしっかりと見ることができる。
(※撮影時、作品に触れないようお気を付け下さい。なお、作者に限り、スタッフに一言断りを入れれば触ることも可能のようだ。)

-*-*-*-


【作品から何点かピックアップ
気になったものをいくつか。
※画像はクリックすると1200サイズでポップアップします(PCのみ)。

①「ばくはつ」(作:ヤスヒロさん。ジオラマ部門)

Img_2260
△みんウィ皆勤賞のヤスヒロさんの最新作「ばくはつ」。
大阪万博の「太陽の塔」をウィーゴにインストールした作品だ。

Img_2257
△太陽の塔の背部もちゃんと再現されている。

Img_2259
△ウィーゴを囲むように、大人や子供の人形が配されている。
あたかもウィーゴの太陽の塔が、ランドマーク的スポットという立場にある、と言ったところか。

-*-*-*-

②「ウィーゴカフェ」(作:ちろ。さん。ジオラマ部門)

Img_1947
△かわいらしいウィーゴの店主が営むスイーツカフェといった作品。
ネームも可愛くあしらえてある。

Img_1952 Img_1949
△紙コップを片手に、「ご注文は何にしましょ?」と問いかけているような雰囲気のウィーゴ(左)に、美味しそうなスイーツが並ぶショーケース(右)。

-*-*-*-

③「ろここ」(作:ぴさん。ペイント部門)

Img_2470
△高級感漂う、ロココ調の模様が描かれた「ろここ」。
前作「雅」同様デカール系一切無し、オール手描きの作品だ。

Img_2175
△ワンフェス会場では見られなかった「ろここ」の背中。
バックパネルにも美しい模様が描かれている。

Img_2178
△バックパネルをアップで。本当に綺麗に描かれている。

-*-*-*-

④「チキチキウィーゴ」(作:加藤小判さん。カスタム部門)

Img_1916
△レーシングカーとウィーゴが融合した作品である「チキチキウィーゴ」。
しっかりと車とウィーゴが一体化している。

Img_2314  Img_2069
△横と後部から。ワンフェス会場では後部からのショットは難しかった。
今にもエキゾースト音が聞こえてきそうなマシンだ。

-*-*-*-

⑤「きゃっする」(作:AIUEOさん。カスタム部門)

Img_2182
△ウィーゴにお城的な要素がインストールされた「きゃっする」。
名実ともに某ジブリ映画よろしく「ウィーゴの動く城」とも云える作品だ。

Img_2064 Img_2070
△どのアングルからでも楽しめる「きゃっする」。
背部もしっかり作り込まれている。

-*-*-*-

⑥「竜宮城を探しに」(作:ラムダさん。ジオラマ部門)

Img_1943
△昨年のティーポットウィーゴ以来のみんウィ参加となった、ラムダさんの最新作は、竜宮城をめざす少年とウミガメウィーゴ。
ウミガメのカラーリングも明るい雰囲気となっており、海を巡る様が再現されている。

Img_2322
△「こっちへいらっしゃい♪」
乙姫様もしっかり作られている。

Img_1941
△海底にいるカニも、ウィーゴのハンドパーツでツメを再現し、かわいく作られている。

Img_1931
△「竜宮城…どこかなぁ…」
果たして少年は、無事に竜宮城にたどり着くことができるのだろうか!?

-*-*-*-

⑦「星好きウィーゴ」(作:ボンゲ式さん。ジオラマ部門)

Img_2003
△星空がちりばめられた空間に、星が好きなウィーゴ。そしてそこに集う女の子と猫。
暗いところで是非ともライトアップして見てみたい作品の一つだ。

Img_2427
△ウィーゴが持っている本も製作されており、その本にチェックを入れるべく、多くの付箋も挟まっている。

Img_1998
△女の子達はウィーゴ付属のフィギュア(東雲ウィーゴこと「ウォーム&クール」付属の東雲なのや、阪本(猫)から)で製作されている。
ウィーゴの腹部は透明レジンで作成されたとのことだ。

-*-*-*-

【そのほか】


Img_2267
△たくましく強うそうな「むきむきウィーゴ(作:岡本一広さん。カスタム部門)」。
ウィーゴのパーツが適材適所使用されているのが判る。

Img_2171
△「むきむきウィーゴ」背中。
中央の円形のパーツは20ウィーゴ(ハセガワ)の頭部蓋を支えるパーツだ。

Img_2277
△ポップなカラーリングの「とけい」(作:ふちこまさん。カスタム部門)。
腹部に時計が内蔵されている。そして左手には…

Img_2090
△コップの中にはウィーゴのラテアートが可愛く描かれている。

Img_1964
△巨大なウィーゴ型UFOに吸い込まれていくタイニー(「WEFO 襲来」作:びびまるさん。ジオラマ部門)。
そのからくり…詳しくは現地で!!?

-*-*-*-


【そのほかダイジェストで】

Img_2346  Img_2191

Img_1973  Img_2085

Img_2217  Img_1937

Img_1923  Img_2491

Img_1959  Img_1957

Img_2201_2  Img_2480  Img_2008

Img_1925  Img_2363

Img_1980  Img_1984  Img_1991

△何点か厳選してみたが、このほかにも素晴らしい作品がたくさんあるので、ワンフェスで見逃した方で中野が最寄りの方は、この機会をお見逃し無く!

-*-*-*-

中野SF Galleyでのみんウィ7作品展示は、8月20日(日)迄開催の予定です。
(※毎週水曜日(会期中は8月9日と16日が該当)は定休日です。)

-*-*-*-

ちなみに会場では「みんなでメカトロウィーゴ」…ではありませんが、交流スペースもありますので、持参したウィーゴを持ち寄って語らい合うのはいかがでしょう?

Img_1920
△会場の一角に設けられた「交流スペース」。
この場を用いて各自持ち寄ったウィーゴを使い、交流を深めるのもよいかも。
(写真は拙作と、ポンズさんのウィーゴたちと。後のウィーゴはSF Galleyのもの。)

Img_2387  Img_2502
△(左)ちるすさんのウィーゴとシェイクハンドする図。
  (右)もちさんのタイニーと、焦心さんの可動タイニーがティータイム。

-*-*-*-

【おまけ】
中野の2つ先、阿佐ヶ谷駅前の商店街「阿佐谷パールセンター」他で、「阿佐谷七夕まつり」が開催中(8月8日まで)ですが、そのまつりのイベントの一つで張りぼてを作り展示するイベントが行われているのですが…そこにこんな張りぼてが。


Img_1796
△阿佐谷に現れたウィーゴの張りぼて。
個人参加の作品で、忠実にその姿が表現されている。

« 京王5000系、試運転中! | トップページ | 都営10-000形7次車、終焉を前に… »

メカトロウィーゴ(チャンク)関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2043957/71351834

この記事へのトラックバック一覧です: 「みんなのメカトロウィーゴ7」、中野で開催!:

« 京王5000系、試運転中! | トップページ | 都営10-000形7次車、終焉を前に… »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー